通貨の切り下げ競争回避 G20財務相会議で一致

2017/3/18 8:40
共有
保存
印刷
その他

 【バーデンバーデン(ドイツ南西部)=上杉素直】17日開幕した日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は初日の討議を終え、外国為替政策について従来の国際合意を踏襲する方針でおおむね一致した。共同声明に為替の急変動は悪影響を与えるという前回と同様の表現を盛り込み、18日午後(日本時間深夜)に閉幕する見通しだ。

G20に参加した各国財務相・中央銀行総裁ら(17日、ドイツ・バーデンバーデン)=ロイター
画像の拡大

G20に参加した各国財務相・中央銀行総裁ら(17日、ドイツ・バーデンバーデン)=ロイター

 これまでG20や主要7カ国(G7)は「為替の過度な変動や無秩序な動きは経済・金融の安定に悪影響を与える」との認識を共有。通貨の競争的な切り下げを回避することや競争力のために為替レートを目標にしないことと併せ、国際ルールと位置づけてきた。

 麻生太郎財務相は17日の討議で、為替政策に関する一連のルールが「重要だ」との考えを改めて強調した。麻生氏が討議後に記者団に語った。G20会議に先立って会談したムニューシン米財務長官とも同様の認識を共有しており、G20会議の場では目立った反論が出なかったもようだ。

 今回は米トランプ政権発足後初めてのG20財務相会議。トランプ政権の幹部は「他国が通貨安誘導をしている」と批判したことがあり、為替政策でどんな合意に至るかが注目されていた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 14:56
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 15:40
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:05
14:03
北陸 7:00
7:00
関西 6:03
6:02
中国 15:00
6:02
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報