日本の郵便、世界3位 万国郵便連合が170カ国調査

2017/6/16 19:42
共有
保存
印刷
その他

 世界の郵便事業を評価した万国郵便連合(UPU)の初めての調査で、日本は3位に入った。対象は170カ国で、UPUが2016年の調査として、郵便業務の発展度合いを指数化した。日本は郵便物が速く届く点など、サービス水準の高さが評価対象になった。

 UPUは30億通の郵便物を追跡したデータや事業展開などをもとに、各国の取り組みを総合的に比較した。「郵便業務発展総合指数」と名付けられ、今回が初めての調査だった。

 日本の総合点は94.09。郵便物が事前の予測通りのタイミングで届く点や、国際郵便などの需要にも応えていることが高得点の要因になった。貯金や保険といった金融サービスを提供していることも、業務の多角化が進んでいるとして高評価につながった。

 日本を上回って首位に立ったのがスイス。総合点は100だった。郵便のスピードや安定性、金融業務に強みがある点が評価された。2位はフランスの94.75。業務を急拡大させ、日本が民営化のモデルとしてきたドイツは5位と、日本を下回る結果が出た。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

郵便UPU万国郵便連合郵便業務発展総合指数

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:32
5:55
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報