アジア最新ニュースの掲載を始めました

北朝鮮、またICBM発射

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米空母、朝鮮半島近海に 北朝鮮が新型ミサイル公開

2017/4/15 21:08 (2017/4/16 0:12更新)
共有
保存
印刷
その他

 【ソウル=鈴木壮太郎】北朝鮮は故金日成主席の生誕105年記念日の15日、平壌で大規模な軍事パレードを実施した。新型とみられる大陸間弾道ミサイル(ICBM)を初公開するなど攻撃能力を誇示した。一方、北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止したいトランプ米政権は同日までに原子力空母カール・ビンソンを中心とする艦隊を朝鮮半島の近海に進めたようだ。

 北朝鮮の軍事パレードに登場した、新型中距離弾道ミサイル「北極星2」の発射管付き車両=15日、平壌(共同)

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は黒いスーツ姿で、ひな壇から式典を観覧した。崔竜海(チェ・リョンヘ)副委員長は「米国が無謀な挑発をすれば即時打撃する。全面戦には全面戦で、核戦争には核打撃戦で対応する」と対決姿勢を示した。金正恩氏は演説をしなかった。

 大規模な軍事パレードは2015年10月に開いた党創建70周年の記念式典以来だ。韓国の北朝鮮専門家はこれまでのパレードと比べると戦車などの通常兵器が少なく、ミサイル技術の誇示に重点が置かれたと分析する。

 射程が9000キロメートルを超えるICBM「KN08」よりも大型とみられる未確認のミサイルが登場した。模型の可能性もある一方、韓国軍消息筋は「新型ICBMと推定される」と分析する。

 潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「KN11(北朝鮮名・北極星)」や、その陸上配備型の「KN15(同・北極星2)」も見せた。いずれも新型ミサイルで、KN15は今年2月、日本海に向けて発射している。梁茂進(ヤン・ムジン)慶南大教授は「SLBMが6基も公開されており、実戦配備が迫っている可能性がある」と指摘する。

 白い防護服を着た一団も目を引き、韓国メディアは生物・化学兵器を扱う部隊が初めて登場したと報じた。記念日に合わせて6回目の核実験を強行するとの観測もあったが実施した形跡はない。

 米空母部隊の位置を追跡する軍事専門サイトなどによるとカール・ビンソンは朝鮮半島近海に進出している。シリア攻撃に使った巡航ミサイル「トマホーク」を発射可能な軍艦も展開している。

北朝鮮、またICBM発射をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

北朝鮮、またICBM発射 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

北朝鮮の労働新聞が15日掲載した、朝鮮人民軍を視察する金正恩朝鮮労働党委員長の写真(コリアメディア提供・共同)

共同

北朝鮮、危うい駆け引き 金正恩氏「米の行動見守る」 [有料会員限定]

 【ソウル=山田健一、ワシントン=永沢毅】核・ミサイル問題をめぐり米国と北朝鮮が危うい駆け引きを繰り広げている。北朝鮮は金正恩(キム・ジョンウン)委員長が朝鮮人民軍の戦略司令部を14日に視察し、米領グ…続き (8/16)

5月21日に発射した弾道ミサイルに搭載したカメラの映像は、中国遼寧省の遼東半島から北京上空へと照準を定めるようにアングルを移して終わった(北朝鮮の朝鮮中央テレビより)

「中国全土を射程に」習近平氏を脅す金正恩氏 [有料会員限定]

 「開発に成功した新型弾道ミサイルは中国全域を射程に収めた」。北朝鮮の幹部が内部で口にしたという極秘の話の一部が、中朝国境をまたいで中国側に流れてきている。日本上空を通過して米国領グアムのアンダーセン…続き (8/16)

トランプ米大統領との電話協議後、記者の質問に答える安倍首相(15日午前、首相官邸)

北朝鮮ミサイル発射阻止へ連携確認 日米首脳電話協議

 安倍晋三首相とトランプ米大統領は15日午前、約30分間、電話協議した。北朝鮮が米領グアム沖への弾道ミサイルの発射を予告している問題について、発射の阻止に向け、日米が緊密に連携する方針を確認した。北朝…続き (8/15)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]