最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 19,742.98 +129.70
日経平均先物(円)
大取,17/06月
19,740 +100

[PR]

米国・欧州株概況

ロンドン株17日 反発 22.04ポイント高で終了 ユニリーバが急騰

2017/2/18 1:51
共有
保存
印刷
その他

【NQNロンドン】17日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は反発に転じて引けた。前日終値に比べ22.04ポイント高の7299.96で引けた。午前は売りが先行していたが、午後に入り買収提案を受けた食品・日用品のユニリーバが急騰し、相場全体を押し上げた。上昇・下落銘柄数は拮抗した。

 ユニリーバは13%超高で引けた。午後に米食品大手のクラフト・ハインツが買収を提案したと伝わった。買収提案額が「過小評価」とユニリーバ側は拒否したものの、クラフト・ハインツは交渉を続ける意向を示した。

 飲料のコカ・コーラ・ヘレニック・ボトリングも高かった。前日の好決算を受けて複数のアナリストが目標株価を引き上げたことを手掛かりに買われた。医薬品株は全面高となった。金価格の上昇を背景に関連株のフレスニージョとランドゴールド・リソーシズも上げた。

 半面、保険株と銀行株が軒並み下落した。スタンダードチャータード銀行は4%強の下落。アングロ・アメリカンやアントファガスタなど鉱業株、資源商社のグレンコアも売りに押された。エネルギー株も売られ、石油株は全面安、電力のSSEとガス供給・販売のセントリカも下げた。フィッチ・レーティングスが発行体格付けを引き下げた航空機エンジンのロールス・ロイスが安かった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム