8/21 1:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 19,470.41 -232.22
日経平均先物(円)
大取,17/09月
19,440 -240

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、ダウ続伸し9ドル高 7日連続で最高値更新、ナスダックは続落

2017/8/4 5:58
共有
保存
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅ながら8日続伸した。終値は前日比9ドル86セント高の2万2026ドル10セントとなり、7日連続で過去最高値を更新した。ダウ平均の8日続伸は2月下旬に12日続伸して以来。好決算銘柄に買いが入り相場を支えた。ダウ平均が前日に節目の2万2000ドルを超え、達成感からの売りも出て方向感に乏しかった。

 前日夕に市場予想を上回る決算を発表した電気自動車(EV)のテスラが大きく上昇。業績見通しを引き上げた医療保険のエトナが買われ、同業のユナイテッドヘルス・グループなどにも買いが広がった。

 ただ、ダウ平均は小幅に下げる場面もあった。前日に大幅高となったアップルは利益確定売りに押された。大手銀行株も総じて下げた。米雇用統計の発表を4日に控えて、積極的な買いを見送るムードもあった。

 米ウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)は3日午後、「トランプ政権とロシアとの関係を巡る疑惑を捜査するモラー特別検察官が、起訴すべきかどうかを決める大陪審を選出した」と報じた。米政治の不透明感が強まり、売り材料視された。

 ナスダック総合株価指数は続落し、同22.304ポイント(0.4%)安の6340.341で終えた。アップルやアマゾン・ドット・コムなど主力ハイテク株の一角が売られ、指数を押し下げた。

 業種別S&P500種株価指数では全11種のうち「資本財・サービス」「公益事業」など4種が上昇。「エネルギー」「素材」「金融」などが下げた。

 決算で売上高が市場予想ほど減らなかった食品のケロッグは大きく上昇。1株利益が市場予想を上回った保険のAIGも高い。製薬のファイザーも買われた。開発中の関節症乾癬(かんせん)の治療薬に対し、米当局の委員会が承認に前向きな判断を示したことが好感された。化学のスリーエム(3M)やゼネラル・エレクトリック(GE)も高い。

 一方、決算と同時に収益見通しの引き下げを発表した後発薬のテバ・ファーマシューティカル・インダストリーズが急落。売上高が市場予想以上となった天然ガスのチェサピーク・エナジーは買い先行後、下げに転じた。化学のデュポンや金融のゴールドマン・サックスが下げた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

新着記事一覧

読まれたコラム