6/25 10:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 20,132.67 +22.16
日経平均先物(円)
大取,17/09月
20,080 +10

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、続伸 ダウは141ドル高、原油高や良好な企業決算を好感

2017/5/20 6:03
共有
保存
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】19日の米株式相場は続伸。ダウ工業株30種平均は前日比141ドル82セント(0.7%)高の2万0804ドル84セントで終えた。原油高を受けて資源関連株が上昇したほか、農機のディアなど好業績を発表した銘柄が買われ相場を押し上げた。

 ニューヨーク原油先物相場が主要産油国による協調減産の延長観測などを背景に1バレル50ドル台に上昇し、ほぼ1カ月ぶりの高値を付けた。原油高による収益拡大を期待してシェブロンなどの石油株や、鉱山機械のキャタピラーなどが買われ相場を押し上げた。

 良好な四半期決算を好感した買いも入った。ディアは好決算と同時に農機・建機の需要改善を理由に通期の機器の売上高見通しを引き上げ、株価が急伸。前日夕に発表した決算を受けて、複数のアナリストが目標株価を引き上げた設計ソフトのオートデスクにも買いが膨らんだ。

 トランプ米大統領が19日に出発した初の外遊の間は、政権のロシア関与を巡る米国内での動きが一時的に和らぐとの思惑も買い戻しにつながった。週半ばに利益確定目的の売りが膨らんだアップルやアマゾン・ドット・コムなどが堅調だった。ダウ平均の上げ幅は一時194ドルに達した。

 ただ、午後3時すぎに急速に伸び悩む場面があった。ロシア高官との会談で、トランプ氏が米連邦捜査局(FBI)のコミー長官の解任で捜査の圧力が和らぐなどと話したと米紙ニューヨーク・タイムズなどが報じた。政治の混迷を嫌気した株売りがかさんだ。

 ナスダック総合株価指数は同28.573ポイント(0.5%)高の6083.703で終えた。

 業種別S&P500種株価指数は全11種が上昇。「資本財・サービス」「エネルギー」「素材」の上昇が大きかった。

 前日夕に決算と同時に示した利益見通しが強気と受け止められた半導体製造装置のアプライドマテリアルズ(AMAT)が買われた。アナリストが投資判断を引き上げた小売りのウォルマート・ストアーズは連日でほぼ2年ぶりの高値を付けた。JPモルガン・チェースなど金融株が総じて高い。米長期金利の低下が一服し、利ざや縮小の懸念がやや後退した。ゼネラル・エレクトリック(GE)や航空機のボーイングも上げた。

 一方、衣料のギャップは買い先行後、売りに押された。前日夕に発表した決算は増益だったが、主力ブランド「ギャップ」の販売低迷が続いたことが次第に嫌気された。決算で1株利益や既存店売上高が市場予想に届かなかった靴小売りのフット・ロッカーは急落。ネットワーク機器のシスコシステムズや製薬のメルクが売られた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

新着記事一覧

読まれたコラム