6/25 12:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 20,132.67 +22.16
日経平均先物(円)
大取,17/09月
20,080 +10

[PR]

米国・欧州株概況

米国株、反発で始まる ダウ29ドル高、原油高で石油株に買い

2017/3/15 22:57
共有
保存
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】15日の米株式相場は小幅ながら反発して始まった。午前9時35分現在、ダウ工業株30種平均は前日比29ドル91セント高の2万0867ドル28セント、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同9.314ポイント高の5866.130で推移している。前日にほぼ3カ月半ぶりの安値を付けたニューヨーク原油先物相場が反発し、シェブロンなど石油関連株が買い戻され相場を押し上げた。ただ、午後発表になる米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとして、積極的な買いを見送る市場関係者が多い。

 朝方発表の2月の小売売上高や消費者物価指数(CPI)はともに前月から増加、上昇したが、市場予想にほぼ一致し相場の反応は目立たない。

 欧州委員会(EC)がメディアのタイムワーナーの買収を承認したと発表した通信のAT&Tが小高い。証券会社が目標株価を引き上げたアップルは上昇。スポーツ用品のナイキや建機のキャタピラー、医療保険のユナイテッドヘルス・グループが高い。自動車部品の独ボッシュと自動運転に関して提携すると報じられた半導体のエヌビディアはもみ合いで始まった。

 一方、多数のアカウントがハッキングされたと伝わった短文投稿サービスのツイッターが安い。証券会社が「アンダーウエート(売り)」で投資判断を始めたと伝わった写真・動画共有アプリのスナップが売られた。半導体のインテルや小売りのウォルマート・ストアーズ、IBMが下げている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム