靖国神社の公衆便所で爆発 ゲリラか、捜査本部を設置

2015/11/23 12:54
共有
保存
印刷
その他

 23日午前10時ごろ、東京都千代田区九段北の靖国神社で「爆発音がした」と、神社の職員が110番した。東京消防庁などによると、南門近くにある公衆便所の男性用個室内の天井と内壁が燃え、乾電池が散乱していた。けが人はなかった。警視庁はゲリラ事件の可能性もあるとみて、麹町署に捜査本部を設置して調べる。

靖国神社で爆発があり、周辺を警戒する警察官(23日午前、東京都千代田区)=写真 上間孝司

 捜査関係者によると、便所個室は天井に穴が開き、床が焦げていた。爆発音は1回だった。爆発していない不審物も残っており、警視庁は爆発物処理班を出動させた。

 靖国神社では、七五三のため家族連れが訪れていたが、安全確認のため受け付けを中止した。本殿で午前10時から予定されていた新嘗祭は無事に行われた。

 便所周辺には、警察官や消防隊員、神社の職員ら計100人以上が集まった。門の外には防護服を着た警察官の姿もあり、物々しい雰囲気に包まれた。神社の関係者は「けが人がいなくて幸いでした」と話した。

 家族4人で横浜市から訪れた30代の女性は、長男(5)の七五三の参拝ができなくなった。「長女の時もここでやったので残念。本当に怖いです」と話した。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

けが人靖国神社

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:42
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:32
中国 7:01
7:01
四国 12:30
7:01
九州
沖縄
6:00
27日 22:45

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報