サッカー

サッカーW杯出場チーム、16増の48に 26年大会で

2017/1/10 19:56
共有
保存
印刷
その他

 【チューリヒ(スイス)=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は10日、スイスのチューリヒで開いた理事会で、2026年ワールドカップ(W杯)の出場チーム数を現行の32から16チーム増やし、48に拡大することを決めたと発表した。最高峰の大会に参加できる国・地域が増え、放送権料などの収益増も見込めるとして抜本的に方式を変える。

出場チームの拡大を発表するFIFAのインファンティノ会長(10日、チューリヒ)=ロイター

出場チームの拡大を発表するFIFAのインファンティノ会長(10日、チューリヒ)=ロイター

 3チームずつ16組に分かれて1次リーグを実施する。増加分の出場枠の割り当ては、今後決める見通し。アジアは18年ロシア大会で4.5が与えられた。

 W杯の出場枠拡大は、24から32に増えた1998年フランス大会以来となる。32チームで争われる22年大会はカタール開催が決まっており、26年大会が日本を含むアジアで開催される可能性はない。

 48チームでの別の方式や40チーム案も候補に挙がっていたが、1チーム当たりの試合数や現行で約1カ月の大会期間を延ばさない日程となる見込み。各チームとも最低2試合が確保される。

 インファンティノ会長は、当選した昨年2月の会長選で40への拡大を公約に掲げ、その後に48案を提唱していた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

サッカーW杯ロシア大会南米予選のパラグアイ戦に快勝し、喜ぶブラジルイレブン。21大会連続21度目の出場を決めた(28日、サンパウロ)=ロイター

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジルがホームでパラグアイを3―0で下して勝ち点33とし、21大会連続21度目の出場を決めた。ウルグアイとアルゼンチ …続き (16:06)

W杯ロシア大会南米予選、パラグアイ戦で得点を決め喜ぶブラジルのネイマール(28日)=AP

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジルはネイマールらが得点してホームでパラグアイに3―0と快勝し、勝ち点を33に伸ばした。メッシを出場停止で欠いたア …続き (12:05)

 【ロンドン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会は28日、アルゼンチン代表のメッシに4試合の公式戦出場停止と罰金1万スイスフラン(約112万円)の処分を科した。FIFAによると、メッシは2 …続き (9:27)

ハイライト・スポーツ

[PR]