米海軍長官候補が指名辞退 トランプ政権の人事停滞

2017/2/27 10:28
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=共同】トランプ米大統領が海軍長官に指名した元投資会社幹部フィリップ・ビルデン氏が26日、指名を辞退した。マティス国防長官が声明で明らかにした。自らが手掛けるビジネスとの利益相反問題が生じる可能性があったことが理由とみられている。

 トランプ政権の人事は、労働長官に指名された実業家パズダー氏が事業経営などを巡る懸念の浮上を受けて指名を辞退するなど、ごたついている。閣僚承認は近年で最も遅いペースだ。

 マティス氏は声明で「(指名辞退に)落胆しているが、判断を尊重したい」と述べた。主に投資ビジネスの分野で活動してきたビルデン氏に関しては、海軍を統括する上での経験の浅さが指摘されていた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:02
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:02
6:01
中国 9:18
9:08
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
22日 21:38

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報