奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米ネット専業アパレル 店舗出店で顧客の心つかむ (三浦茜)

(1/2ページ)
2016/2/26付
共有
保存
印刷
その他

 1月、ファッションブランドが店を連ねるサンフランシスコの繁華街に期間限定でセレクトショップがオープンした。店名は「ModCloth Fit Shop(モドクロスフィットショップ)」でヴィンテージ風の洋服を扱う。

モドクロスの実店舗は試着するだけで、その場で購入できない
画像の拡大

モドクロスの実店舗は試着するだけで、その場で購入できない

 店を運営するのはモドクロス。2002年創業の、電子商取引(EC)に特化したアパレル会社だ。人気歌手のテイラー・スウィフトさんらセレブが愛用していることもあり、その人気は米国以外の国にも広がっている。

 ヨーロッパをはじめ世界各地のインディーズブランドを買い付けているほか、独自商品も販売している。XXSから4Xまで11段階と豊富なサイズ展開も魅力の1つだ。

 「モドクロスフィットショップ」で話題となっているのが、スタイリストが1対1で洋服選びの手伝いやコーディネートを提案してくれる無料サービスだ。1人向けの1時間半コースとグループ向けの2時間コースがある。早速、ネットで事前予約してみた。

 筆者が選んだのは1時間半コース。普段着ているサイズや服の雰囲気などを入力し「イベント用の服が欲しい」「普段着る服を探している」などから来店目的を選ぶ。スタイリストがECサイトでの購入履歴を閲覧することを許可するかの問いには「する」にした。

 来店すると担当のスタイリストが待っていた。スタイリングシートとペンを渡され、「まずは店舗内を一周し、気に入った服があればタグの商品番号をひかえてほしい」と言われる。

 店内は10分足らずで一通り見られる広さだ。スタイリストが過去の購買履歴などからあからじめ選んでいた服と著者が選んだ服を試着する。フィット感や色などをスタイリストに相談できる。1時間半とは、試着室を自由に使うことができる時間のことのようだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パナソニックの焙煎機で焙煎したコーヒーのイメージ

パナがコーヒー豆販売 IoT時代の家電メーカー
(藤元健太郎)

 あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の時代と言われるなか、家電業界も「スマート家電」の取り組みを広げている。ただ、まだまだスマートフォン(スマホ)をリモコンにするといった域を出ていないものも多い…続き (5/21)

ユニークなDMは話題にもなるうえ、SNSでも広がる

SNS時代に紙のDM 「飛び出る絵本」で拡散希望
(徳力基彦)

 3月、第31回全日本DM大賞の授賞式が行われた。全日本DM大賞とは、いわゆる企業が発送しているダイレクトメール(DM)の中から優れた企画を審査・表彰している企画だ。今回筆者も初めて審査委員として参加…続き (5/14)

ThredUP

出品から発送まで代行 米国発の洋服フリマアプリ
(三浦茜)

 おそらくもう着ることはないけれど、捨てるのはためらうクローゼットの洋服達。だからと言ってフリマアプリで売るのも面倒くさい。スマートフォン(スマホ)によりフリマアプリを使った不用品販売は、気軽で簡単に…続き (4/30)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月26日付

2017年5月26日付

・気になる商品、アプリで取り置き イポカが来店促進、交通インフラ企業と連携
・水素精製 実証大詰め 千代田化工、風力で水を電気分解
・ボッシュ日本法人、工場のIoT導入を倍増
・帝人、自動車向け複合材の拠点数 1.5倍に
・コニカミノルタ、X線画像の診断部鮮明に 新画像処理技術…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト