奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

フェイスブックの対話アプリ AIでアップル対抗 (三浦茜)

(1/2ページ)
2016/2/5付
共有
保存
印刷
その他

 フェイスブックがスマートフォン(スマホ)用のメッセンジャーアプリを出したのは2011年。14年からはスマホでメッセージを送受信するには、このアプリをインストールしなければならなくなった。少々強引な手法に賛否両論はあったが、現在は全世界で8億人以上が利用している。フェイスブックユーザーの約半分にすぎず、まだまだ伸びしろがある。

フェイスブックの「M」は、米アップルの「シリ」や米グーグルの「グーグルナウ」の対抗馬になるといわれている
画像の拡大

フェイスブックの「M」は、米アップルの「シリ」や米グーグルの「グーグルナウ」の対抗馬になるといわれている

 最近フェイスブックがこのメッセンジャーアプリの機能を急速に拡充している。まだ米国だけの話だが、メッセージの送受信の枠を超えている。

 直近では昨年12月に米ウーバーとの提携を発表し、フェイスブックのメッセンジャーから直接配車を依頼できるサービスを始めた。筆者も実際に使ってみた。メッセンジャーで友人と今夜行く予定のレストランの場所をやり取りし、友人から送られてきた住所を長押しすると「リクエスト ア ライド」と表示され、車を呼ぶことができた。

 これまでは住所をコピーし、ウーバーのアプリを開いてから、その住所を目的地の部分にペーストしなければならなかった。ウーバーの運転手とのやり取りもメッセンジャーで完結する。いくつものアプリを行き来する必要がなく、配車の手間が大幅に省けた。

 個人送金の機能も便利だ。例えば、飲み会で立て替えた金額を友人に伝え、メッセンジャー経由で支払ってもらえる。メッセンジャーは銀行口座につながっているので(利用開始時に登録が必要)、支払われたお金がそのまま銀行口座に入金される。「今度会った時に」ということもないので取りっぱぐれもない。

 ビジネスシーンでの利用も広がっている。フェイスブックの認証を使って企業が顧客にメッセージを送れる。電子商取引(EC)サイトで買い物した際に、メールではなくメッセンジャー経由で購入完了の連絡と商品発送の連絡が来ることがある。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

クーポンや割引がついていればプレゼント気分を味わえるが…

憂鬱な「誕生日メール」 顧客と機械的でない交流を

 誕生日の月になると憂鬱になる。購入経験はあるが忘れてしまったような会社まで、たくさんの「お誕生月おめでとう」メールを送ってくる。記念日をフックに消費者とコミュニケーションを取ろうとする企業は多い。
 …続き (8/20)

個人の価値を株式会社の株式のように取引する(VALUのサイトの画面)

VALU、個人の価値を売買 SNSが信用経済を形成

 「VALU」というサービスが一部で話題になっている。個人を株式市場のように公開して「VA」という仮想株式を同じ数だけ発行して売買するものだ。ビットコインと連動しているので売買による実利益を得ることも…続き (8/13)

電機メーカーのエンジニアを「狙い撃ち」(JR南武線の武蔵小杉駅)

「西海岸より南武線」トヨタの広告ポスターが話題に

 7月27日、ある駅貼りの広告がインターネット上で話題になった。「シリコンバレーより、南武線エリアのエンジニアが欲しい。」や「えっ!? あの電気機器メーカーにお勤めなんですか! それならぜひ弊社にきま…続き (8/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月20日(日)

  • iPad Pro 10.5インチはPCの代替となるか―仕事環境に必要な3つのこと
  • VR向けバックパック型ゲーミングPCも登場―日本HP、「OMEN by HP」を刷新
  • Appleの「ARメガネ」がなんと新型iPhoneイベントで同時発表?

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト