牛肉・ワイン…食品安く、家計に恩恵(TPP特集)

2015/10/10付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 TPPの家計への影響も大きい。牛肉やワインは日々の買い物で値下がりを実感できそうだ。外国産のコメや麦の輸入拡大は加工食品や外食のコストを下げる。

 牛肉は値下がりを期待できる代表的な品目だ。牛肉の関税は38.5%から段階的に下げ、16年目に9%にする。100グラム500円程度の米国産サーロイン肉だと、450円程度に下がる余地がある。日本は輸入牛肉の9割超をオーストラリア、米国、ニュージーランド(N…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 7:01
21日 7:00
東北 21日 7:01
21日 7:00
関東 21日 7:01
21日 7:01
東京 21日 7:01
21日 7:00
信越 21日 7:01
21日 7:01
東海 2:00
1:31
北陸 21日 6:32
21日 6:30
関西 21日 23:41
21日 6:01
中国 21日 6:02
21日 6:00
四国 21日 6:02
21日 6:00
九州
沖縄
21日 21:30
21日 21:29

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報