トップ > 社説・春秋 > 記事

社説

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

五輪に水さすエンブレム問題

2015/9/2付
共有
保存
印刷
その他

 7月に発表されたばかりの2020年の東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムが、白紙撤回される異例の事態である。原作者の佐野研二郎氏が、他作品を模倣したとの疑惑はあくまで否定しつつ「五輪のイメージに悪影響が及んでしまう」などとして提案自体を取り下げた。

 すでに、一部のスポンサーなどはCMなどに使い始めており、影響は大きい。大会組織委員会は適切な対策を講じるとともに、世界中からアスリートやファンを迎えるにふさわしい、新たなデザインを早急に決め、信頼の回復を図るべきだ。

 エンブレムは、発表直後からベルギーの劇場側が「盗用だ」と指摘し、国際オリンピック委員会を相手に使用差し止めを求め、提訴していた。

 佐野氏は一貫して「事実無根」と独自性を強調し続けた。組織委も先月28日、原案や最終案を提示しつつ、修正の理由を説明して、疑惑を否定したばかりだった。

 専門家の間でさえ「あるデザインが模倣か否かの判断は極めて難しい」という。まして、一般国民の理解を得るのはさらにハードルが高い。

 インターネット上にはエンブレムの公表以降、佐野氏の他の作品も含め「似ている」との声が満ちあふれた。そうであればこそ、選考や修正の過程を含め、組織委は一連の経緯を迅速、かつ丁寧に開示すべきだったのではないか。

 エンブレムを選んだ審査委員らは模倣に否定的な見解という。しかし、組織委は1日の会見で「国民の支援がないものを使い続けることはできない」などとして、佐野氏の申し出を了承した。やむを得ない判断だろう。

 的確な情報の公開もなく、説明責任もなかなか果たされず、司令塔役も不在とは、先ごろ、整備計画のまとまった新国立競技場をめぐる混乱の二の舞いである。

 こんな体たらくが続いて、五輪を祝福するムードにかげりがでることを心から憂慮する。

社説をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報