Smart Times (日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

イスラエル進出のワケ 雇用で紛争の根を断つ
サムライインキュベート社長 榊原健太郎

2015/7/2付
保存
印刷
その他

 IT起業家の育成支援に取り組んでいるためなのか、なぜイスラエルに進出したのかという質問を山ほど受ける。その度に私はイスラエルがスタートアップ大国だからと答える。米フェイスブック、米グーグル、米マイクロソフトなど世界の名だたるテクノロジー企業から熱視線を浴びているほどだ。

74年生まれ、関西大学卒。大手医療機器メーカーを経て00年アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)入社。08年にIT起業家の育成支援をするサムライインキュベートを創業
画像の拡大

74年生まれ、関西大学卒。大手医療機器メーカーを経て00年アクシブドットコム(現VOYAGE GROUP)入社。08年にIT起業家の育成支援をするサムライインキュベートを創業

 しかし、私にはスタートアップ支援を超えた目標がある。今回のコラムでは、イスラエルに進出を決めたもうひとつの理由をお話しようと思う。私は「紛争」という大きな問題を解決したいのである。

 そもそも紛争が起こる根源は貧困にあると思っている。困窮して満たされない状態に人々が陥るから、犯罪や紛争が起きてしまうのだ。

 経済学者の大竹文雄氏の研究によると、貧困率の上昇が犯罪や紛争の増加をもたらす傾向があるという。では、どのようにして解決すればいいのだろうか。

 私はその解決のためのカギは雇用を生み出すことにあると強く思っている。

 先日、米国の有力ベンチャーキャピタルであるセコイアキャピタルのキャピタリストと話をする機会があった。セコイアキャピタルは米アップルやグーグルに創設時から投資したことで知られている。

 彼はイスラエルのトレンドをこのように解説してくれた。それは「より少ない人数でも世の中を変えることができるテクノロジー」だ。

 確かにイノベーションを起こすうえでそれは正しい。効率性がなければイノベーションとは言えないからだ。

 ただ、私は平和を実現するには別のアプローチが必要ではないかと感じている。

 それは長期雇用だ。普通の生活が営めるほどの給料を支払えるような雇用を増やしていけば、紛争の減少をもたらすことができると思っている。セコイアキャピタルのキャピタリストが言ったトレンドとは反するかもしれない。

 こう思った1つのきっかけとして、イスカルという企業との出会いがある。イスカルは、米国の著名投資家であるウォーレン・バフェット氏が買収したイスラエルの超硬切削工具メーカーだ。バフェット氏が買収した初めての米国以外の会社でもある。

 バフェット氏はイスカルを通じて、タンガロイという福島県いわき市にある切削工具メーカーを買収している。2011年にはタンガロイを視察するため、初来日も果たしている。

 バフェット氏がこの2社にほれ込んだのは、長期的な成長が見込めると感じたからである。

 バフェット氏は一過性のイノベーションではなく、会社を長期間にわたって継続できるほど魅力的かどうか、という視点で投資先を決めている。それが経済合理性にもかなうからだ。

 イスカルやタンガロイは従業員の立場まで考え、100年を超えて続く会社を目指している。だからこそ、長期投資を旨とするバフェット氏の目にかなったのだ。

 イスカルでは、宗教や人種を問わず雇用している。ユダヤ人だけでなく、イスラエル国内のアラブ人、ドルーズ人などの宗教の異なる人々も、平等に雇用し共通の目的のもとに会社を運営している。

 私は、この考え方に共感している。スタートアップ支援を通し、このような雇用ができる企業をたくさん生み出していけば、貧富の差が是正されて平和につながると思っている。

 長期雇用は日本企業が得意とする点だろう。イスラエル人が日本企業から学んでほしいところでもある。イスラエルはこのような雇用を重んじる企業文化を輸入し、平和を実現させてほしい。

[日経産業新聞2015年7月2日付]

「日経産業新聞」「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。電子版の有料会員の方は、日経産業新聞は月額1500円、日経MJは同1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

Smart Times (日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

Smart Times (日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

商品やサービス、ソーシャルでの共有が前提

 2017年が始まりました。今年は物事を取り(酉=とり)こむ酉年です。米国に新しい大統領が就任し、欧州では意見の対立が目立ってきている今年も、いろいろなことが起こりそうですね。青い鳥をロゴにするツイッ…続き (1/17)

エチオピアで切り花を包装する作業スタッフ

世界は良い方向に向かってる 過度な不安は無用

 2016年は、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)や米大統領選でのトランプ氏の当選など、グローバリゼーションに不安や不満を感じる人たちの反発によって世界が大きく揺れた。世界は不安定になっている…続き (2016/12/29)

モバイルネットの破壊力を実感、10年で生活がらり

 先日、シリコンバレーの友人たちと最近10年間で変わった生活スタイルは何かという話をした。上位にあがった3つの生活スタイルの変化に共通するものを示したい。
 1位は「テレビを見なくなった」である。夜のニ…続き (2016/12/27)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月23日付

2017年1月23日付

・スマホのクラウド通訳「対面」で ケイ・オプティコム
・目の手術に4K+HDR 米アルコンが3D装置
・日産化学 家庭用除草剤、即効性と持続性を両立
・キッツ、陸上養殖の水質遠隔監視システムを開発
・フクダ電子、生体情報モニター小さく
…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト