Smart Times (日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

他人思いやる「ペイフォワード」 無償奉仕で好循環生む
インテカー社長 斉藤ウィリアム浩幸

(1/2ページ)
2015/4/10付
共有
保存
印刷
その他

 今日、ご紹介したい言葉は「ペイフォワード(Pay it Forward)」です。直訳すると「先に払う」の意味ですが、これは組織や社会に所属する一人ひとりの人間が互いに無償のボランティアを提供しあう優しい関係性を表現する言い回しです。

画像の拡大

 私は学生時代にベンチャーを起業しました。世間を知らない20歳前後の若者ですから、何もかも足りないものばかり。知識も人脈も資金も周囲の方々から与えられる一方です。当時すでに世界一の大富豪として有名だったビル・ゲイツも面識もない生意気な起業家からのメールに対して面会の時間を割いて、ビジネスを成功させるために大切なことを教えてくれたのは、日本人の感覚からすると、ありえない美談でしょうか。

 当然のことながら、ベンチャーを立ち上げて間もない私には、すぐに恩返しする力などありません。会社が倒産するかどうか、瀬戸際のラインでもがいている人間に周囲も見返りは求めません。彼らが私を助けてくれたのは、損得勘定のない無償の奉仕、ボランティアにほかならないのです。時がたち、私は今、日本でベンチャー支援の事業を行っています。ビジネスとしてというよりも活動の大半は収益性のないボランティアです。なぜ少しも得にならないことをするのか。これが、かつてお世話になった方々への私なりの恩返しなのです。

 つまり、「ペイフォワード」の仕組みはこのようなものです。AがBに与える。BはAに恩を返すのではなくCに与える。CはAやBに対して恩を感じながら、つぎの世代へより多くのことを伝えていく。やがて社会には互いを思いやり、自然に後進が育ちやすい、ポジティブな循環が生まれます。もしかするとペイフォワードの概念は理想的に過ぎると感じる方もいるかもしれません。他人から搾取する一方で、誰にも与えない人間が得をするだけではないかという疑念もあるでしょう。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

Smart Times (日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

デジタル化は企業文化変革 負け犬にならないために

 あなたの会社の社長が「2017年度はデジタルに取り組む」と新年度の方針発表で述べたら、どう理解するだろうか。
 日本企業の多くの従業員の理解は「紙の会議資料がなくなって決裁処理も電子化だな」とか「部門…続き (4/25)

新人は洞察力と行動力、コミュ力を磨こう

 4月になり、新しい年度になりました。入社式が行われ、今年も若者が社会人としての一歩を踏み出しました。今回は新入社員の方々に向けて、これからの働き方について私が思っていることを書こうと思います。
 テク…続き (4/18)

「無精さと魔法」がITによる業務革新を生む

 たまに電子メールに添付された奇妙な返信用参加票を受け取る。氏名や所属などの見出しの後にカッコが書いてあり、その間に十数個のスペース(空白)がタイプされている。
 あれはどう返信するものなのか。空白を削…続き (4/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月26日付

2017年4月26日付

・サイバーエージェント 店内行動、個人向け広告に反映
・明大と東大、ブタ腎臓、別の個体で再生
・ロボ店員 ただいま研修中 日本ユニシス
・米GS系JRE、メガソーラーを積極買収 転売市場が活況
・異形鋼の生産能力3倍に 日本金属…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト