先読みウェブワールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

起業続々 著名データサイエンティストたちの本音
山田 剛良(日経NETWORK編集長)

(1/2ページ)
2015/3/23付
保存
印刷
その他

 いわゆる「ビッグデータ分析」ブームをけん引した著名なデータサイエンティスト(分析専門技術者)が次々と独立起業している。企業のマーケティングや経営判断に統計分析を活用する機運の高まりに呼応し、使いやすい分析サービスの提供を目指している。

 3月初旬、東京駅八重洲地下街の貸会議室。20人弱のビジネスマンが、ある男の話に熱心に耳を傾けていた。東京大学大学院の元助教の統計家、西内啓(ひろむ)氏。ビジネス書では異例の30万部超を売った「統計学が最強の学問である」(ダイヤモンド社)など多数の著書を持つ著名データサイエンティストだ。

データビークルが4月に開始を予定する新クラウドサービスの説明会
画像の拡大

データビークルが4月に開始を予定する新クラウドサービスの説明会

 その西内氏を中心に昨年設立し、今年2月に営業を始めたのがデータビークル(東京・千代田)だ。インフォテリア前常務で新会社の代表取締役最高経営責任者(CEO)に転じた油野達也氏は「西内の持つ統計分析のノウハウを、ソフトウエアにして誰もが使えるようにする」と意気込む。

 第1弾のクラウドサービス「DataDiver(データダイバー)」を4月に公開する。冒頭はその事前説明会での1コマだ。出席者は製造業や流通の現場担当者が中心で、IT(情報技術)企業やコンサルタントが残り半分。データダイバーは西内氏のノウハウに基づき、顧客のデータに適用すべき統計分析手法をシミュレーションで支援。顧客企業の現場担当者が自ら分析業務ができるようにする。

 サービス購入企業には西内氏自らが担当者に分析手法を教える。「業務内容を分かっているのは現場の担当者。彼ら自身が分析できるのが一番よい」(油野氏)との考えが根底にある。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

先読みウェブワールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

配達人がしばしば変わる(アマゾン・フレッシュの冷蔵ボックスを積んだ郵便局のトラック)

試行錯誤の米宅配、配達に一般人も活用

 数日前のある平日夕方、アマゾン・フレッシュで注文した食品が届いた。アマゾン・フレッシュは、生鮮食品を即日、あるいは翌日に届けてもらえるサービスで、買い物にいく暇がない時に利用している。
 驚いたことに…続き (1/19)

ロボットを指示通りに動かすミッションに挑む1年生の授業(東京都小金井市)

先進公立小、全コマの1割がプログラミング授業

 政府が2020年以降に小学校での必修化を決めるなどの追い風もあり、若年層向けのプログラミング教育が注目されている。だが専門性の高い領域だけに「誰が教えるか」などが議論になりがちだ。そんな中、ある公立…続き (2016/12/29)

日本マクドナルドの試食イベントには一般のファン25人が参加した

一般消費者が「アンバサダー」好きな商品を真摯に

 昨今、問題になっているDeNAの医療関連のサイトの件。ボク自身も放送作家として医療、健康関係の番組も携わってきた。いつも思うのは「視聴率」をとるという使命と「正確さ」である。
 テレビ番組では多くの場…続き (2016/12/22)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月20日付

2017年1月20日付

・ソフトバンク系 ドローン動画、検査を素早く
・遺伝子操作で抗体改造 東大が新手法
・自販機+アプリで健康作り サントリー食品
・IBUKI センサー付き金型を開発
・ミスド 300店でアイス販売…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト