奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「ペヤング」事件に学ぶ SNS対策、初動が肝心 (徳力基彦)

(1/2ページ)
2015/2/13付
共有
保存
印刷
その他

 昨年末から今年にかけて異物混入が様々な企業で話題になっている。ただ、食品の「異物混入」と呼ばれる出来事は、従来も一定の確率で発生し続けていたはず。それが今年に入って連日のようにニュースで取り上げられていることに違和感を感じる方は多いのではないだろうか。

まるか食品は異物混入への対応として最終的に生産を止めた(群馬県伊勢崎市の本社工場)
画像の拡大

まるか食品は異物混入への対応として最終的に生産を止めた(群馬県伊勢崎市の本社工場)

 今回のコラムでは、異物混入騒動が世間の大きな注目を集めるきっかけを作った、まるか食品(群馬県伊勢崎市)のカップ焼きそば「ペヤング」の異物混入騒動を振り返ってみたい。

 ペヤングの異物混入騒動が大きな話題になったのには3つのポイントがある。まず混入していた異物がゴキブリであったことが大きな問題なのは間違いない。だが、国民生活センターの発表によると、ゴキブリやハエなどの虫の混入の相談は2014年だけで345件あったという。それらのほとんどが大きなニュースになっていないことを考えると、この話題がここまで大きくなったのは異物の内容だけではないと分かるはずだ。

 2番目の要素として大きく影響したのは、やはり「写真」のインパクトだろう。もし異物混入の報告者が文字だけで今回の異物混入を説明していたら、ここまでの話題にはならなかっただろう。現在はツイッターなどの交流サイト(SNS)が普及し、利用者の写真1枚がネットで大きく拡散する時代になった。

 実際、今回の騒動でも報告者がツイッターに投稿した写真が1日で1万回以上、リツイートにより拡散される結果となった。その後もその写真は様々なニュースサイトに転載され、多くの人の目に触れてしまった。

 最後の要素として、まるか食品側の初動が対立をあおってしまった点が挙げられる。今回の異物混入の話題に対し、まるか食品側は翌日に報告者を訪問し商品を回収したが、報告者に対して投稿の削除を依頼したため報告者の印象を悪くした。また一部メディアの取材に対して、製造過程で混入することは考えられないと強調していた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アマゾンフレッシュでは野菜や果物など生鮮食品を買える

通販、次の舞台は15兆円生鮮市場 日米巨人が激突

 セブン&アイ・ホールディングスアスクルが生鮮食品のネット通販で提携した。セブン&アイはオムニチャネル戦略が当初見込みよりも停滞する中で見直しを進めている。一方でアスクルは法人向け通販で成功した物流…続き (7/16)

藤井四段が先輩棋士に挑んだ「炎の七番勝負」は注目を集めた

藤井四段の生中継、SNSで拡散しアベマTV活況

 先月から藤井聡太四段の歴代最多記録を更新する29連勝がおおいに話題になった。記録自体は7月2日に佐々木勇気五段による意地の勝利でストップしたが、この過程で生まれたもう1つの記録がある。この歴史的な対…続き (7/9)

「どちらが似合う?」 服を提案、アマゾンのAIカメラ

 4月に米国で発表された米アマゾン・ドット・コムの新デバイス「エコールック」。ファッション領域に特化し、ハンズフリーカメラとスタイルアシスタントの機能が特徴のこのデバイスは、現在招待制で販売がはじまっ…続き (7/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月21日付

  • アマゾンのアプリで実店舗の決済を―「Amazon Pay Places」が始動
  • ユーザーはいつサイトを見ているのか? 「朝型サイト」「夜型サイト」行動ログ調査
  • 近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月21日付

2017年7月21日付

・ソニー、画像センサー14%増産、自撮りや車載向け需要増で
・スマホゲーム、登場キャラ前面 配信前にファン獲得
・賃貸ビルの省エネ導入、「グリーンリース契約」でオーナーにも利益
・三井金属、四輪車用の排ガス触媒を増産 中印など5カ国で
・東レ、スマート衣料で連携 心電計の共同開発など…続き

[PR]

関連媒体サイト