奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

VALU、個人の価値を売買 SNSが信用経済を形成
D4DR社長 藤元健太郎

(1/2ページ)
2017/8/11付
共有
保存
印刷
その他

 「VALU」というサービスが一部で話題になっている。個人を株式市場のように公開して「VA」という仮想株式を同じ数だけ発行して売買するものだ。ビットコインと連動しているので売買による実利益を得ることも可能だ。筆者も実際に公開して少しだけ試しているが、本当に株式市場のようになっているので面白い。

個人の価値を株式会社の株式のように取引する(VALUのサイトの画面)
画像の拡大

個人の価値を株式会社の株式のように取引する(VALUのサイトの画面)

 現段階ではツイッターなどでフォロワー数の多い人達の時価総額が高くなっている。やはり知名度がある人は人気で値上がり期待が生まれ、さらに流動性が高いので取引が活発になるという現象が起きている。

 ただしこのサービスが今後想定しているのはいわば「クラウドファンディング」のような使い方だ。個人のクリエーターやアイドルが自分を直接支援してくれる人に自分のVAを購入してもらい、資金調達するというような利用を念頭に置いているとみられる。

 VALUと並んでもうひとつ、この秋に開始を予定しているサービスも面白そうだ。「Timebank」という、各分野のプロフェッショナルの時間を取引するというサービスだ。人間は誰もが一日の時間は24時間よりも多く得ることはできない。このサービスも取引が活発で人気の人の時間価値が高まるということになる。

 VALUも申請して認可されないとサービスが利用できないが、TimebankもSNS(交流サイト)での影響度を算出した一定のスコアを超えていないと時間申請ができない仕組みだ。事実上フェイスブックやツイッターでの友人数やフォロワー数、投稿内容などが評価のベースになっている。つまりフェイスブックやツイッターをしていない人は、社会的に信用が高くてもこれらのネットサービス上では信用のない人になってしまうということだ。

 逆に考えると、SNSを活用できていれば、クリエーターなどが自分の作品を広め、生活していけるようになるということでもある。

 これまでの社会的信用は学歴や大企業や役所に属することや、家族の資産額などが重視されてきた。一方、これらのサービスのなかでは一人の人間がコミュニケーション能力と実力だけで社会的信用を構築し、資金調達できるようになるわけだ。これは本当の意味で個人レベルでの信用経済が生まれたということだとも受け取れる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

クーポンや割引がついていればプレゼント気分を味わえるが…

憂鬱な「誕生日メール」 顧客と機械的でない交流を

 誕生日の月になると憂鬱になる。購入経験はあるが忘れてしまったような会社まで、たくさんの「お誕生月おめでとう」メールを送ってくる。記念日をフックに消費者とコミュニケーションを取ろうとする企業は多い。
 …続き (8/20)

個人の価値を株式会社の株式のように取引する(VALUのサイトの画面)

VALU、個人の価値を売買 SNSが信用経済を形成

 「VALU」というサービスが一部で話題になっている。個人を株式市場のように公開して「VA」という仮想株式を同じ数だけ発行して売買するものだ。ビットコインと連動しているので売買による実利益を得ることも…続き (8/13)

電機メーカーのエンジニアを「狙い撃ち」(JR南武線の武蔵小杉駅)

「西海岸より南武線」トヨタの広告ポスターが話題に

 7月27日、ある駅貼りの広告がインターネット上で話題になった。「シリコンバレーより、南武線エリアのエンジニアが欲しい。」や「えっ!? あの電気機器メーカーにお勤めなんですか! それならぜひ弊社にきま…続き (8/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月20日(日)

  • GEヘルスケア、先端的工場のひとつ「日野工場」を公開
  • iPad Pro 10.5インチはPCの代替となるか―仕事環境に必要な3つのこと
  • VR向けバックパック型ゲーミングPCも登場―日本HP、「OMEN by HP」を刷新

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト