先読みウェブワールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

キッチン改築、CAD使い店頭で設計・見積もり楽々
瀧口 範子(フリーランス・ジャーナリスト)

2017/7/31付
共有
保存
印刷
その他

 現在キッチンを改築しようと準備している。キッチン・キャビネット(棚)をいろいろ物色しているのだが、そこで驚いたのは、その場でキッチンをデザインし、価格まで弾き出してくれるソフトを利用している店が米国で多いことだ。

「バーチャル・キッチン」では理想のキッチンの雰囲気を再現しやすい
画像の拡大

「バーチャル・キッチン」では理想のキッチンの雰囲気を再現しやすい

 あるキッチン製品専門店では、好みのキャビネット製品を選び、希望のカウンタートップを伝えたところで、係員のいるデスクの前に座るように言われた。自宅からは、キッチンの寸法を持参しており、カウンターの長さや棚の高さなどを記録していった。

 係員は、コンピューターのソフトを使って15分もしないうちに我が家の小さなキッチンをデザインした。いわゆるCAD(コンピューターによる設計)ツールの類で、3次元で空間が表現され、コンピューターの中で正面や横からキッチンを眺めることができる。しかも、選んだキャビネット製品やカウンタートップの色が反映され、どんな雰囲気のキッチンに仕上がるのかを把握できる。

 そしてびっくりしたのが、同時に何十項目もある部材のリストが生成され、そこに値段が書き込まれていることだ。キッチンのサイズに応じて部材の数が算出され、価格が合計される。

 もう1カ所訪ねた大型日曜大工チェーンも同様だった。こちらは、担当者が丁寧なのか1時間ほどかかったが、やはり寸法に合わせてコンピューターでキッチンをデザインし、その店で選んだ製品を適用して3次元で見せてくれた。その後、部材のリストと合計額がプリントアウトされた。

 いずれの店でも、コストがどの程度かかり、予算に合うかすぐわかった。また土台となる我が家のキッチンの基本データがあるので、後でコストを下げたいと別の製品を選んでも、すぐに値段が算出される。

 一方、困ったのは、データをこちらと共有してくれないことである。部材リストとコストだけはプリントアウトしてくれるが、キッチンのデータは店のコンピューターから門外不出なのである。家に帰って再度ゆっくり眺めたいと望んでも、それがかなわない。

 理由は、もちろん客を囲い込むためだ。一般の人々はこんなソフトを持っていないから、作ってもらったデータに頼るしかない。前者の専門店は「キャビネット代を15%サービスしましょう。ただし、サービスできるのは今後1週間だけ」と売りつける。我が家のキッチンのデータを人質にとって迫られているかのように感じてしまった。

たきぐち・のりこ 上智大外国語(ドイツ語)卒。雑誌社、米スタンフォード大客員研究員を経てフリージャーナリストに。米シリコンバレー在住。大阪府出身。

たきぐち・のりこ 上智大外国語(ドイツ語)卒。雑誌社、米スタンフォード大客員研究員を経てフリージャーナリストに。米シリコンバレー在住。大阪府出身。

 決心のつかないまま今度はネット上を物色していると、ちょっと役に立つサイトを見つけた。それは、別の大型日曜大工チェーンが運営しているもので「バーチャル・キッチン」とある。我が家のキッチン自体はデザインできないが、理想のキッチンの雰囲気を視覚化できるというツールだ。

 起動させると、キッチンをスタイル(クラシック、モダンなど)やレイアウト(L字型、U字型など)で選び、そこからキャビネットのタイプ、カウンタートップ、壁の色、床の素材を数多くのオプションから選んであてはめることができるようになっている。

 明るい色調か、重厚なイメージになるかなど、選んだ製品や色の組み合わせが、どんな空間を生み出すのかがわかるだけでもいい。ただ、このツールではコストまでは算出されないので、ここで大体の製品タイプや色を選んでおいて、店で実際のキッチンをデザインしてもらうということになるのだろう。

 こうしたツールのおかげで便利になったのは確かだ。ただいずれも「あともう一歩」の感も残った。ネット、非ネットの両方で物色はまだまだ続きそうだ。

[日経MJ2017年7月31日付]


「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

先読みウェブワールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

瀧口範子キッチンキャビネットキッチン改築

【PR】

先読みウェブワールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「アンドパッド」では工事現場のスケジュール管理もしやすい

IT駆使して時短実現 働き方改革は前向きに

 先日、知り合いの弁護士に会うと「今月は米フロリダに行きます」と言っていた。その少し前はエストニアに電子決済の視察に行っていたという。「そんなに日本を空けて顧問先などの仕事は大丈夫?」と聞くと、「チャ…続き (8/17)

「完全自動決算サマリー」も試験的に始まった(写真は紹介ページ)

自動記事執筆だけじゃない 報道機関にもAIの波

 人工知能(AI)が、囲碁や将棋で高段位者に勝つという話題が当たり前の時代に入った。ビジネスのさまざまな局面に、AIが関与しているといっても奇異に感じる読者はもはや少ないだろう。メディア産業においても…続き (8/10)

「バーチャル・キッチン」では理想のキッチンの雰囲気を再現しやすい

キッチン改築、CAD使い店頭で設計・見積もり楽々

 現在キッチンを改築しようと準備している。キッチン・キャビネット(棚)をいろいろ物色しているのだが、そこで驚いたのは、その場でキッチンをデザインし、価格まで弾き出してくれるソフトを利用している店が米国…続き (8/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月18日(金)

  • アップルは、ぼくらの手元から「AR革命」を起こすかもしれない―「ARKit」の知られざる可能性に迫る
  • スマートロックが解錠不能に、顧客500人に影響―アップデートの不具合が原因
  • 6本脚で這い回るクモ型ロボット「HEXA」を中国企業が開発

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト