先読みウェブワールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

のんさん秘密の写真展、実はIoTアパートの体験会
山田 剛良(日経テクノロジーオンライン副編集長)

2017/7/24付
共有
保存
印刷
その他

 不動産投資会社インベスターズクラウドの子会社Robot Home(東京・港、古木大咲社長)が6月、ちょっとユニークなプロモーションを行った。同社は、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の技術を使ってアパート管理システムなどを手掛ける。プロモーションは、ネット企業らしいシカケが話題を呼んだ。

Robot Homeは新築アパートの室内を使って写真展を催した
画像の拡大

Robot Homeは新築アパートの室内を使って写真展を催した

 そのプロモーションとは、NHKの朝ドラ「あまちゃん」や最近ではアニメ映画「この世界の片隅で」の声優としても知られる女優のん(本名・能年玲奈)の写真展を、東京・中野の新築アパートで1週間だけ開催するというものだ。

 JR中央線の東中野駅から歩いて10分強。汗をかきかきたどり着いた閑静な住宅街の2階建ての新築アパートが今回の写真展の会場だ。ワンルームが6室。それぞれが展示室になっており、扉を開くと写真家の藤代冥砂氏が撮り下ろしたみずみずしいのんの大きな写真が来場者に迫ってくる。

 「正直、プレスリリースがネットで話題になれば十分と思ってた。1100人もの人に実際に足を運んでもらえたのは望外」。そう語るのは、今回のプロモーションを立案したインベスターズクラウドFIRSTORDER事業部長の岡田考功執行役員だ。岡田氏はもともとアートディレクターで、同事業部は社内外のプロモーション案件を一手に引き受けている。

 写真展は開催10日前にプレスリリースでひっそり告知されたのみ。会場となるアパートの場所は秘密にされ、交流サイト(SNS)での拡散やクチコミで気付いた来場者が専用サイトにアクセスし、来場時間を予約するとメールで場所が知らされる仕組みにした。

 このメールには予約時間と会場への地図のほかに6つのリンクが組み込まれている。スマートフォン(スマホ)でメールを開いてリンクをクリックすると、別のサイトに飛び、アパート各室に付けられたリモートロックが解除される。しかもロックの解除は予約した時間帯しか機能しないようになっている。

 実はこれ、Robot Homeが実証実験中の不動産事業者向けサービス「mireru」を利用している。賃貸住宅の空き室にリモートロックを取り付け、手元のスマホで解錠できるようにするサービスである。内見希望者や代行業者がネットで時間を予約するだけで鍵の受け渡しなく物件を見てもらえる。

 「IoTを使ったアパート管理と言ってもなかなか理解されない。実際に体験してもらえる機会を作りたかった」。Robot Homeの吉村直也取締役は話す。

やまだ・たけよし 東工大工卒、同大院修士課程修了。92年日経BP社に入社、「日経エレクトロニクス」など技術系専門誌の記者、日本経済新聞記者を経て16年から現職。京都府出身、50歳

やまだ・たけよし 東工大工卒、同大院修士課程修了。92年日経BP社に入社、「日経エレクトロニクス」など技術系専門誌の記者、日本経済新聞記者を経て16年から現職。京都府出身、50歳

 会場のアパートもRobot Homeが提供する「賃貸住宅キット」が導入された第1号物件。専用のタブレットが設置され、部屋の防犯や家電、エアコンなどが制御できたり大家と連絡が取れたりするというもので、こちらも写真展に訪れると体験できるシカケだった。

 実際には来場者全員が「スマホによるカギ開け」を体験できたわけではない。来場者が予想よりはるかに多く、カギが開けっぱなしになってしまうタイミングが多かったためだ。それでも「100人程度の来場者に実際に体験してもらえた。来場者の中には『Robot Homeってなにやってる会社?』と興味を持ってくれた人もけっこういた」(吉村氏)と手応えを語る。

 岡田氏によるとこのプロモーションの企画自体、「約1カ月の突貫工事で作った」もの。予算にも限りがあり、藤代氏やのんには岡田氏の個人的な人脈で話を付けたという。もくろみ通りでなかった部分もあるものの「新社名の最初のプロモーションとしては大成功」と胸を張る。

 言葉はかなり普及してきたが「IoT」はもともと分かりにくい概念だ。体験を呼び込むという意味で、今回のプロモーションは良くできている。この業界の企業には広く参考になるのではないだろうか。

[日経MJ2017年7月24日付]


「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

先読みウェブワールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

先読みウェブワールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「アンドパッド」では工事現場のスケジュール管理もしやすい

IT駆使して時短実現 働き方改革は前向きに

 先日、知り合いの弁護士に会うと「今月は米フロリダに行きます」と言っていた。その少し前はエストニアに電子決済の視察に行っていたという。「そんなに日本を空けて顧問先などの仕事は大丈夫?」と聞くと、「チャ…続き (8/17)

「完全自動決算サマリー」も試験的に始まった(写真は紹介ページ)

自動記事執筆だけじゃない 報道機関にもAIの波

 人工知能(AI)が、囲碁や将棋で高段位者に勝つという話題が当たり前の時代に入った。ビジネスのさまざまな局面に、AIが関与しているといっても奇異に感じる読者はもはや少ないだろう。メディア産業においても…続き (8/10)

「バーチャル・キッチン」では理想のキッチンの雰囲気を再現しやすい

キッチン改築、CAD使い店頭で設計・見積もり楽々

 現在キッチンを改築しようと準備している。キッチン・キャビネット(棚)をいろいろ物色しているのだが、そこで驚いたのは、その場でキッチンをデザインし、価格まで弾き出してくれるソフトを利用している店が米国…続き (8/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月18日(金)

  • アップルは、ぼくらの手元から「AR革命」を起こすかもしれない―「ARKit」の知られざる可能性に迫る
  • スマートロックが解錠不能に、顧客500人に影響―アップデートの不具合が原因
  • 6本脚で這い回るクモ型ロボット「HEXA」を中国企業が開発

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト