トップ > 社説・春秋 > 記事

春秋

2017/7/9 2:30
共有
保存
印刷
その他

 明治に入って、武士が給与として米や金銭をもらう仕組みは廃止された。代わりに士族が受け取ったのが今でいう国債だ。旧津軽藩士たちはその運用をしようと、銀行の設立を考えた。元家老の大道寺繁禎(しげよし)らが相談したのが、すでに銀行を開業していた渋沢栄一だった。

▼渋沢は手厳しかった。士族の救済だけの銀行ではダメだ、と説いた。銀行とは民衆からお金を集めて必要とする人に融通し、国を富ませるところと考える渋沢には、旧藩士たちが思い違いをしていると映ったのだろう。若手を何人か上京させ、こちらで銀行の仕事の修業をさせてはどうかと提案。大道寺らは助言に従った。

▼地域で銀行を営むことの意義を考えさせる逸話だ。地元の発展を手助けするという役割を、旧津軽藩士たちは教えられた。ところが今、地銀の多くは国債や外債の運用に依存する。マイナス金利政策のもと、貸し出しで稼ぐのが簡単ではない事情はあるが、銀行本来の役割を十分に果たしているようにみえないのは残念だ。

▼明治12年(1879年)、大道寺らは現在の青森銀行の母体となる銀行を創業した。初代頭取に就いた彼は、有志と農機具製造の「弘前農具会社」も設立する。銀行業だけに飽きたらずものづくりにも進出した。自分の地域ではどんな産業が必要とされ、どんな事業を伸ばせばいいか。地銀の経営者は描けているだろうか。

春秋をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

春秋

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報