奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

藤井四段の生中継、SNSで拡散しアベマTV活況
アジャイルメディア・ネットワーク取締役 徳力基彦

(1/2ページ)
2017/7/7付
共有
保存
印刷
その他

 先月から藤井聡太四段の歴代最多記録を更新する29連勝がおおいに話題になった。記録自体は7月2日に佐々木勇気五段による意地の勝利でストップしたが、この過程で生まれたもう1つの記録がある。この歴史的な対局をネットで生中継したAbema(アベマ)TVの視聴数だ。

藤井四段が先輩棋士に挑んだ「炎の七番勝負」は注目を集めた
画像の拡大

藤井四段が先輩棋士に挑んだ「炎の七番勝負」は注目を集めた

 アベマTVが中継したチャンネルでの生中継は、29連勝を記録した対局の視聴数が793万回、連勝がストップした対局の視聴数は1242万回を突破。アベマTVの「将棋チャンネル」開設以来歴代1位、アベマTV全体での歴代視聴数でも2位だった。

 これらの数値はあくまで、番組への延べのアクセス数のようなので、793万人や1242万人が同時に視聴したわけではない点には注意が必要だ。ただ少なくとも数十万人以上がアベマTVで同時に見守っていた可能性が高いといえる。

 アベマTVの歴代視聴数記録のトップは5月7日に放送された「亀田興毅に勝ったら1000万円」という企画。この時は放送最中にアベマTVのサーバーがダウンしたことも話題を呼び、1420万回という記録を打ち立てた。

 亀田企画の際には、ユーチューブでも並行して生中継が実施され、ピーク時には70万人を超えるユーザーが同時に番組を視聴していたそうだ。同時に70万人というとテレビの地上波の視聴率で言えば1%前後の数値。それほど大きい数値に感じない人も多いかもしれないが、こうした記録がネット中継でも出てくるようになったというのは、とても大きな変化だろう。

 特に注目されるのは、コンテンツ側の生中継の選択肢が広がってきている点だ。

 インターネット以前の「生中継」といえば、テレビが主役。その対象になるのは野球やサッカー、そしてオリンピックの主要競技などで、いわゆる「マス」の視聴者が見込めるコンテンツが中心だった。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パナソニックの冷蔵庫のCMは共働き家庭の現在をうまく映しているが…(同社のサイトから)

動画炎上を起こす4つのワナ 様々な立場へ配慮必要

 資生堂、ルミネ、ユニ・チャーム、そして最近ではサントリーなど、企業による動画の炎上が頻繁に話題になる。不思議なのは、どうしてそれが繰り返されるのかだ。
 まず、ある種、話題作りということで炎上を狙って…続き (7/23)

アマゾンフレッシュでは野菜や果物など生鮮食品を買える

通販、次の舞台は15兆円生鮮市場 日米巨人が激突

 セブン&アイ・ホールディングスアスクルが生鮮食品のネット通販で提携した。セブン&アイはオムニチャネル戦略が当初見込みよりも停滞する中で見直しを進めている。一方でアスクルは法人向け通販で成功した物流…続き (7/16)

藤井四段が先輩棋士に挑んだ「炎の七番勝負」は注目を集めた

藤井四段の生中継、SNSで拡散しアベマTV活況

 先月から藤井聡太四段の歴代最多記録を更新する29連勝がおおいに話題になった。記録自体は7月2日に佐々木勇気五段による意地の勝利でストップしたが、この過程で生まれたもう1つの記録がある。この歴史的な対…続き (7/9)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月21日付

  • アマゾンのアプリで実店舗の決済を―「Amazon Pay Places」が始動
  • ユーザーはいつサイトを見ているのか? 「朝型サイト」「夜型サイト」行動ログ調査
  • 近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月21日付

2017年7月21日付

・ソニー、画像センサー14%増産、自撮りや車載向け需要増で
・スマホゲーム、登場キャラ前面 配信前にファン獲得
・賃貸ビルの省エネ導入、「グリーンリース契約」でオーナーにも利益
・三井金属、四輪車用の排ガス触媒を増産 中印など5カ国で
・東レ、スマート衣料で連携 心電計の共同開発など…続き

[PR]

関連媒体サイト