トップ > 社説・春秋 > 記事

春秋

2017/7/4 2:30
共有
保存
印刷
その他

 「負けました」。おとといの夜、公式戦30連勝に挑んでいた将棋の藤井聡太四段は投了を告げ、がくりと肩を落とした。午後9時31分。いまや国民的スターとなった14歳の天才が敗北を喫した瞬間である。その苦い味は少年の身と心に、容赦なく染み入ったに違いない。

▼東京都議選で自民党の歴史的惨敗が浮かび上がってきたのも、同じ日の夜更けだった。よほどショックが大きかったのか、安倍首相からは「負けました」の宣言もないままだった。一夜明けて「わが党への叱咤(しった)と受け止め、深く反省しなければならない」と述べたが、わずか23議席という結果は叱咤と呼ぶには強烈すぎる。

▼コワモテ一方の政権運営。「加計学園」問題で見せた不遜なふるまい。二階幹事長は新聞をやり玉に挙げて「私らを落とすなら落としてみろ」と毒づいた。投票日前日には、街頭で「帰れ」コールを浴びた首相が「こんな人たちに負けるわけにいかない」といきり立つ。少なからぬ有権者が、もう愛想を尽かしたのである。

▼新たな夢をひらく藤井四段の負けと違い、おごりと慢心が招いたこの大敗は誰が見ても内容が悪い。往年の大棋士、升田幸三いわく「難局はこれ良師なり。負けることはありがたい」。かように謙虚につつましく、こんどの負けを糧にできるのかどうか。まさか、地方選でいいガス抜きができた……などとは考えていまい。

春秋をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

春秋

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報