トップ > 社説・春秋 > 記事

春秋

2017/6/28 2:30
共有
保存
印刷
その他

 「将棋の棋士は一種の聖者」。観戦記者の中平邦彦さんが、随筆でこんな説を紹介している。実力の世界で、禁欲と自己抑制により英雄的な地位を得る。同時に世俗的な関心は薄く、常識はずれだったりする。一般の人は、自分がそうなろうとは思わぬが、尊敬は払う。

▼14歳の聖者の怒濤(どとう)のような行進に、日本中が舌を巻いている。昨年10月にプロになったばかりの藤井聡太四段が公式戦での連勝記録を29に伸ばした。30年ぶりの更新である。将棋ソフトで精進を重ねた「AI(人工知能)時代の申し子」と報じられている。一昨日の対局では中盤の不利をはね返す妙手にファンがうなった。

▼中学生のプロはこれまでもいた。しかし、竜王、王座などタイトルがかかった戦いへの登場は例がない。新星への期待は膨らむが、元神童が居並ぶ棋界である。作家、山口瞳さんが畏怖の念を込め「お化け屋敷」と称した天才、鬼才の集団は新参者にそう優しくなかろう。そこにまた伝説が生まれる。目が離せぬゆえんだ。

▼豚キムチうどんにワンタンメンと昼や夕のメニューも話題となる過熱ぶりである。聖者の実相に触れたいとの思いだろう。振り返れば、酒に溺れた棋士や病で早世した棋士、演歌を大ヒットさせた棋士など人生行路も棋風なみに様々である。それがまたファンを引き付ける。さて藤井四段。どんな勝負師に育ってくれるか。

春秋をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

春秋

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報