面白く生きる! (日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保護主義や自国主義台頭、西洋が東洋から学ぶこと
グロービス経営大学院学長 堀義人氏(70)

2017/6/23付
共有
保存
印刷
その他

 5月中旬、カンボジアの首都プノンペンで世界経済フォーラム主催の国際会議が開かれた。僕は日本代表の一員として会議に参加し、面白いテーマのセッションに登壇した。

 タイトルは「東洋と西洋、アイデアの融合」だ。セッション説明文にはこう記載されていた。「英国の欧州連合(EU)離脱やトランプ現象に見られるとおり、西洋では社会の断絶が起こり、保護主義や自国主義など内向きの政策が進められている。一方、東洋は相対的に政治・経済・社会的に安定しているように見受けられる」

 そして3つの質問が投げかけられた。1つ目が「このような社会的断絶は西洋だけのものだろうか」。2つ目が「西洋だけとすれば、なぜ東洋では起こっていないのか」。3つ目が「西洋は東洋から何を学ぶべきか」だ。

 自分なりの見解をまとめるため、プノンペン入りする前に有識者と意見交換した。そのうちの1人がシンガポール国立大リー・クアンユー公共政策大学院院長のキショール・マブバニさんだ。セッションの1つ目の質問について聞いてみると「西洋だけの問題で、東洋には起こっていない」との見解が返ってきた。

 そこで、「フィリピンや韓国の大統領をどう説明するのか?」と突っ込んで聞いてみた。彼の答えは「ポピュリズムかもしれないが、保護主義でも自国主義でもなく、内向きでもない」というものだった。

 プノンペン入りして、セッションに登壇した。僕はマブバニ氏の意見を踏まえつつ、なぜ欧米では断絶が起こり、東洋では起こっていないかを次の通り説明した。

 米国のトランプ大統領は就任演説のときに「忘れ去られた人々」という言葉を使い「もはや彼らは忘れ去られることはない」と力説した。

 そもそも誰が「忘れ去られた人々」なのだろうか。投票行動からもわかる通り、「忘れ去られた人々」は、地方在住の相対的に高齢で低学歴の白人男性だ。いわゆる地方にいる工場労働者が多い。彼らが抱く不満が、トランプ氏躍進につながった。

堀義人(ほり・よしと)1986年京大工卒、住友商事入社。米ハーバード大経営大学院で経営学修士号(MBA)取得後、92年にグロービス設立。「ヒト・カネ・チエの生態系を作り社会の創造と変革を行う」ことを目標に、経営大学院の経営、ベンチャーキャピタルの運営、経営ノウハウの出版・発信を手掛ける。茨城県出身。55歳。

堀義人(ほり・よしと)1986年京大工卒、住友商事入社。米ハーバード大経営大学院で経営学修士号(MBA)取得後、92年にグロービス設立。「ヒト・カネ・チエの生態系を作り社会の創造と変革を行う」ことを目標に、経営大学院の経営、ベンチャーキャピタルの運営、経営ノウハウの出版・発信を手掛ける。茨城県出身。55歳。

 では、なぜ忘れ去られたのだろうか?それは単純な理由からだろう。欧米では、工場が海外に移転し閉鎖される際に、労働者を解雇する意思決定がなされる事例が多い。労働者は、工場移転に伴い職を失い、忘れ去られてしまうのだ。

 日本では工場を閉鎖しても、労働者は再教育・再配置されて雇用を維持されるべく企業は努力をする。欧米では、労働者を「費用」としてとらえがちだが、日本などアジアでは労働者を「資産」として考える。日本やアジアの場合は忘れ去られた人々は相対的に少ないのだ。

 40年近く前だが、ボストン・コンサルティング・グループ日本支社の創設者であるジェームズ・アベグレン氏が「日本の会社はコミュニティーである」と指摘している。

 この日本的なコミュニティー経営は、海外からは批判が多かった。日本はバブル崩壊後に「失われた20年」などと言われ、欧米からは「停滞した経済」というレッテルを貼られてきた。企業業績の面でも自己資本利益率(ROE)や時価総額で欧米の方が優位に立っている。

 だがここにきて西洋は保護主義・自国主義化して、内むきになり、社会的断絶が起こっている。一方日本は、政治的・社会的にも安定している。今まさに、日本的なコミュニティー経営や社会的システムが見直され始めているのだ。

 セッションが終わった。テーマおよびトピックは、西洋の悩みを象徴していた。西洋は今、新たな社会のあり方を模索しているのだ。

 「東洋は西洋から多くのことを学んできた。感謝状を出すに値する。だが学びは双方向でなければならない。これからの時代は、西洋は東洋から多くを学ぶ必要がある」とマブバニ氏が僕に語ってくれたことを思い出していた。

[日経産業新聞2017年6月23日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

面白く生きる! (日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

面白く生きる! (日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「徳」は小善の積み重ね 行いに加え気持ちが重要

 「徳」って何だろうか。僕は、分からない言葉に出会うと、考えてしまう。徳とは何か、徳がある人とはどのような人なのか、それはなぜ必要なのか、どうやったら身に付くのか――。こんなことを考え始めたきっかけは、ヤマ…続き (7/26)

グロービス経営大学院での授業風景

ダボス会議の興奮、日本でも体感

 7月1日と2日、福岡市に1100人の若きリーダーが集まった。グロービス経営大学院の在校生、卒業生、教員らが集う1泊2日のカンファレンス「あすか会議」であった。福岡市の高島宗一郎市長やJR九州の唐池恒二会長、博多ラーメン店「一風堂」で有名…続き (7/19)

名古屋市西区の庄内緑地公園で水遊びをする子どもたち。中部地方は高気圧に覆われ気温上昇が続き、名古屋市内では今年初めて35度以上の猛暑日になる予想(3日午前)=今井拓也撮影

自己責任は自由な人が持てる特権

 「自己責任」という言葉をネガティブにとらえる風潮があることを危惧している。自由があるからこそ、自己責任がある。自己責任を否定することは、自由を持たず他人のいいなりになることを意味するのだと思う。実は我が…続き (7/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月29日(土)

  • マネーフォワード勝訴に対してfreeeは何を思うのか―佐々木代表に聞く
  • 中国Xiaomiもスマートスピーカーを発表。「Mi AI Speaker」は約5,000円の廉価仕様
  • ビットコイン分裂は回避されたが、問題は今後も起こる

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月28日付

2017年7月28日付

・OKI、光ファイバーセンサー発売へ
・タンクの液体、波打ち抑制 中大、地震や運搬向けの装置
・冷凍能力抑え、3割小型化 前川製作所の自然冷媒冷凍機
・ツガミ、自動旋盤の切削力4割向上
・マツダ、米販売店テコ入れ 半数の300店超を対象に…続き

[PR]

関連媒体サイト