先読みウェブワールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

寄付金で活気づく米調査報道、トランプ政権の混乱契機
藤村 厚夫(スマートニュース執行役員)

2017/6/11付
共有
保存
印刷
その他

 昨年の米国大統領選をめぐって起きた最たる変化は、政治報道が活気づいたことだ。米国内では、政治をめぐる話題がテレビやインターネットで流され続け、いまもまるでスポーツやエンターテインメントの話題のようにわき返っている。

トランプ大統領の誕生に前後し、政治報道が活気づいた=AP
画像の拡大

トランプ大統領の誕生に前後し、政治報道が活気づいた=AP

 興味深いのは、歴史ある新聞社や放送局から独自の切り口をもつ新興ネットメディアまで、苦境続きの時期を脱したかのように業績を伸ばしていることだ。「ニューヨーク・タイムズ」(NYタイムズ)や「ウォールストリート・ジャーナル」は、いずれも大統領選後の四半期に有料購読者の数を大幅に伸ばしたという。

 NYタイムズ幹部は「トランプ氏がツイートするたびに、購読者が著しく伸びる」とまで語っている。同様の好調は英国の「エコノミスト」や「ガーディアン」などでも起きている。

 単に購読料の伸びが顕著という以上の動きが背景にある。メディアや特定の記事企画に寄付金が集まる動きが活発なのだ。たとえば、調査報道大手のNPOメディアに「プロパブリカ」があるが、昨年の大統領選後の数カ月で、新たな献金者の数を1万7000人増やしたという。

 政権に批判的な調査報道メディア「マザー・ジョーンズ」は大統領とロシアとの関係を調査する企画に50万ドルの寄付を募り、順調という。調査報道に期待し、応援する意思の高まりを見ることができる。

 メディアと寄付金の組み合わせは、日本ではなじみが薄いが、米国では伝統がある。NPOの「調査報道センター」(CIR)や「社会健全性センター」(CPI)は、規模も大きくその活動がよく知られる。その中から「パナマ文書」報道で一躍有名となった「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)も誕生した。

ふじむら・あつお 法政大経卒。アスキー系雑誌の編集長、外資系IT(情報技術)企業のマーケティング責任者を経て2000年にネットベンチャーを創業、その後の合併でアイティメディア会長。13年から現職。東京都出身、60歳。

ふじむら・あつお 法政大経卒。アスキー系雑誌の編集長、外資系IT(情報技術)企業のマーケティング責任者を経て2000年にネットベンチャーを創業、その後の合併でアイティメディア会長。13年から現職。東京都出身、60歳。

 これらの団体には、多いものでは10億円を超えるような寄付を慈善家や財団から受けて活動するものさえあるというのだ(澤康臣氏の著書「グローバル・ジャーナリズム」)。

 ネット企業の経営で巨額の富を得た人物らも、ジャーナリズムを後押しする。イーベイ創業者ピエール・オミダイア氏は、調査報道やヘイトスピーチ対策に100億円を超える寄付を行うと表明している。ICIJも寄付の対象だ。

 アマゾン創業者ジェフ・ベゾス氏は、2013年に「ワシントン・ポスト」を約250億円で買収したが、今年になり「報道の自由のための記者委員会」に1億円強の寄付を行った。

 ほかにもある。案内広告サイト「クレイグズリスト」の創業者クレイグ・ニューマーク氏は、「ニュースの信頼性回復」に向けた業界横断プロジェクトに6億円強を寄付する。「ウィキペディア」の創業者ジミー・ウェールズ氏は、最近「ウィキトリビューン」を開設し、プロのジャーナリスト10人を採用する計画という。もちろん、財源は寄付金を想定している。

 時の政権を揺るがしかねないような報道が、寄付金を背景に飛び出すかもしれない。大統領選や「にせニュース」問題の混乱を機に、そんな熱気が生まれているのだ。

[日経MJ2017年6月11日付]

「日経産業新聞」「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。電子版の有料会員の方は、日経産業新聞は月額1500円、日経MJは同1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

先読みウェブワールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

先読みウェブワールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ギフトパッドは重い引き出物を運ぶ煩わしさを解消する

引き出物はカード1枚 カタログギフトもデジタル化

 この時期は結婚式が多く毎週のように参加している。もちろんお祝い事は歓迎だ。ただ少しだけ課題に感じるのが、かさばる引き出物を持って帰ることだ。幸せのお裾分けをありがたく思いつつ、「二次会に行く時に重く…続き (6/22)

トランプ大統領の誕生に前後し、政治報道が活気づいた=AP

AP

寄付金で活気づく米調査報道、トランプ政権の混乱契機

 昨年の米国大統領選をめぐって起きた最たる変化は、政治報道が活気づいたことだ。米国内では、政治をめぐる話題がテレビやインターネットで流され続け、いまもまるでスポーツやエンターテインメントの話題のように…続き (6/15)

米国でウーバーのサービスに使われている車

兼業から専業へ、米配車サービスのドライバーに地域差

 米テキサス州で5月下旬、知事が配車サービスに対する規制を緩める枠組みに署名した。同州では、州下の都市がドライバーには指紋登録やバックグラウンド・チェックが必要などとして厳しい規制を敷いたため、ウーバ…続き (6/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月23日付

2017年6月23日付

・ドローン・3D、セット貸し 中小の建設会社向け、オリックス系と国際航業
・日本工営、福島で小水力発電所
・IDEC、ナノバブル測定サービス 応用研究を支援
・東レ・デュポン、設備投資50億円 フィルムやゴム用繊維で
・ゴルフを手軽に楽しんで、ブリヂストンスポーツ 屋内施設を展開…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト