先読みウェブワールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「半ネット・半リアル」 保険相談の新しい形
野呂 エイシロウ(放送作家・戦略PRコンサルタント)

2017/5/22付
共有
保存
印刷
その他

 ディー・エヌ・エー(DeNA)が先月、「ほけんのコーデ」という新サービスを発表した。「コーデ」は「コーディネート」の略だ。また新しいキュレーションサービスかと思いきや、違った。保険相談のサイトだ。

「ほけんのコーデ」では質問に答えながら、相談相手の選択につなげていく(見本画面)
画像の拡大

「ほけんのコーデ」では質問に答えながら、相談相手の選択につなげていく(見本画面)

 日本人は世界有数の保険好きで、加入率は8割を超えるという。ただ、どの保険に入ればいいか分からないという人は多い。専門用語が多すぎてよくわからないのだ。

 新サービスを試してみよう。サイトを立ち上げ質問事項に答えていく。性別や年齢、家族構成、年収などをチャット感覚で解答する仕組みだ。

 相談を希望すると、画面に本物の保険のプロが登場する。写真やプロフィルも書いてあり、好きな人を選べる。相談地域で登場する人が違うらしい。人を選ぶと、店舗かそのほか場所での対面が可能となる。

 相談相手はDeNAの従業員ではない。主に老舗の保険ショップ「保険クリニック」の募集人で、最近になってから、さらに他社の募集人も加わり始めた。保険を売ったりするのには、募集人の資格が必要だ。

 保険クリニックを運営するアイリックコーポレーションの勝本竜二代表は「誰に保険を相談するかを選べれば、これまでショップでの相談に慎重だった消費者も、自分に合った保険を見つけやすくなる」という。消費者はこれまで、保険の相談相手を選べなかった。保険ショップに行っても、自分についた募集人とウマが合うかどうかがわからない。

 筆者がサイトで試してみて感じたのは、顔が見える安心感だ。「おそらくこの人なら大丈夫」という勘が働く。現在のところ首都圏だけのサービスだが、すでに約200人が活用し、まずまずの出だしだという。

 筆者は店舗に行かなかったが、実際に使った人の声としては、すでに面識がある感覚なので、話も聞きやすいそうだ。ユーザーの情報などもすでに把握しているため必要な資料が用意されていて、相談も円滑だ。

のろ・えいしろう 愛知工大工卒。学生時代から企業PRに携わり、出版社を経て日本テレビの「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で放送作家デビュー。戦略PRコンサルタントとしても著作多数。愛知県出身、46歳。

のろ・えいしろう 愛知工大工卒。学生時代から企業PRに携わり、出版社を経て日本テレビの「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で放送作家デビュー。戦略PRコンサルタントとしても著作多数。愛知県出身、46歳。

 「将来は募集人のプロフィルが動画で見られたり、相談後の口コミを投稿できるようにしたりとより利用者目線のサイトにする。またサービス提供範囲を早急に全国へ拡大したい」。勝本氏は意欲を見せる。

 募集人は月1万円をDeNAに支払ってサービスに参加でき、面会にこぎつけたら3万円を同様に支払う仕組みだ。保険業界の紹介料としては決して高くないという。

 新サービスは「半ネット・半リアル」の新しい形なのだろう。そもそも保険ショップ自体も15年前は、新しい保険相談の形として注目された。これが当たり前となったいま、また新しいスタイルを取り込む必要がある。勝本氏が次に見据えるのはスマートフォン(スマホ)だ。スマホ主体のアプリでの事業拡大にも思いをはせている。

 消費者の生活基盤が確実にスマホに移行しているなか、保険もスマホで選ぶ時代はそこまで来ているようだ。ネット生保の先行者ともいえるライフネット生命保険は、昨年からLINEでの保険相談に取り組んでいる。24時間、保険の診断や見積もりができるという。

 筆者も使ってみたが、非常に手軽だった。今後は住所変更など契約者向け手続きも検討していくそうだ。

 筆者も若いころ美人の保険外交員に勧められ、よくわからないままに加入した経験がある。相談するにしても何となくハードルを感じる人も多いだろうが、ネットやチャットを使えばそうしたハードルも下がる。新サービスの取り組みは今後、説明が複雑なほかの業界でも有効な手法かもしれない。

[日経MJ2017年5月22日付]


「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

先読みウェブワールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

先読みウェブワールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ギフトパッドは重い引き出物を運ぶ煩わしさを解消する

引き出物はカード1枚 カタログギフトもデジタル化

 この時期は結婚式が多く毎週のように参加している。もちろんお祝い事は歓迎だ。ただ少しだけ課題に感じるのが、かさばる引き出物を持って帰ることだ。幸せのお裾分けをありがたく思いつつ、「二次会に行く時に重く…続き (6/22)

トランプ大統領の誕生に前後し、政治報道が活気づいた=AP

AP

寄付金で活気づく米調査報道、トランプ政権の混乱契機

 昨年の米国大統領選をめぐって起きた最たる変化は、政治報道が活気づいたことだ。米国内では、政治をめぐる話題がテレビやインターネットで流され続け、いまもまるでスポーツやエンターテインメントの話題のように…続き (6/15)

米国でウーバーのサービスに使われている車

兼業から専業へ、米配車サービスのドライバーに地域差

 米テキサス州で5月下旬、知事が配車サービスに対する規制を緩める枠組みに署名した。同州では、州下の都市がドライバーには指紋登録やバックグラウンド・チェックが必要などとして厳しい規制を敷いたため、ウーバ…続き (6/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月28日付

2017年6月28日付

・ドローンとAIで獣害優しく防ぐ スカイロボット、動物の行動予測、超音波で退ける
・網膜の炎症に飲み薬 窪田製薬が再挑戦
・太陽光パネルのアンフィニ、福島に新工場 国産で住宅市場に照準
・日本信号、屋外でも高精度に障害物検知 小型3Dセンサー
・東大発VBのエルピクセル、基礎研究をAIで効率化 細胞画像を自動判定…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト