トップ > 社説・春秋 > 記事

社説

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

女性宮家を考える契機に

2017/5/18 2:30
共有
保存
印刷
その他

 秋篠宮家の長女で、天皇・皇后両陛下の初めての孫に当たる眞子さまが、婚約される運びとなった。お相手は大学時代の同級生で、法律事務所に勤務する小室圭さんである。ともに25歳だ。

 国際感覚が豊かで美術にも造詣の深い眞子さまが、よき伴侶を得て新たな人生のステージに立たれる。心からお喜びしたい。

 皇室典範の規定により、眞子さまは結婚にともなって皇族の身分を離れる。現在7人いる未婚の女性皇族は、ちかく6人となるわけだ。今回の慶事を機として、皇族数の減少について真剣に向き合うべきだろう。

 女性の皇族は医療や文化関連の団体で役職を務めたり、イベントに出席したりして、啓発に当たられている。皇族数の減少で活動に支障が出るようなら、国民と皇室の関係に微妙な影を落としかねない。対処は喫緊の課題だ。

 これまで検討がなされてこなかったわけではない。2005年、小泉内閣の有識者会議は皇位の安定的な継承のため、女性・女系天皇や女性宮家を容認するなどの内容を提言した。反響は大きかったが、悠仁さまの誕生で制度改正は見送られた経緯がある。

 12年には当時の民主党の野田内閣が女性宮家の創設の論点整理をまとめた。しかし自民党政権になってから議論は停滞している。

 そして今春、天皇陛下の退位をめぐる特例法に向けた衆参両院議長らによる国会提言は、女性宮家の創設などを速やかに検討するよう政府に求めた。有識者会議の報告書も、皇族の減少について議論を深めるよう促している。

 19日に閣議決定される退位の特例法案は、付帯決議に皇族減少などへの対応をどう盛り込むか、なお調整が続いているという。

 退位をめぐる制度設計の過程では、長年にわたる政治の無策を批判する声があがった。皇族の減少に関しても二の舞いを演じることになれば、将来、深刻な事態を招きかねない。強い危機感を持つ必要があろう。

社説をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

天皇陛下眞子さま悠仁さま小室圭

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報