日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

酷暑の五輪マラソン 足元涼しく、東京の道を冷やす技

(1/2ページ)
2017/5/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 2020年夏の東京五輪・パラリンピックの注目競技の1つがマラソンだ。早朝のスタートとはいえ、選手たちは路面上でセ氏50度を超える灼熱(しゃくねつ)の暑さとの戦いを余儀なくされる可能性がある。選手たちの負担を少しでも減らすため、道路舗装大手2社が道路の温度上昇を防ぐ工法に工夫を凝らしている。

 東京都世田谷区の南烏山にある商店街。ごく普通の商店街に見えるが、道路にある工夫が凝らされている。「雨水を使…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

NECの顔認証技術を使った出国審査システム

NEC、世界屈指の顔認証技術でAI人材1000人確保へ [有料会員限定]

 NECが人工知能(AI)関連の人材確保に力を入れている。AIビジネスが急速に広がり、世界的な人材獲得競争が繰り広げられる中、同社はグループのAI人材を2020年までに7割増の1000人規模にする。数…続き (8/13)

16日に発売されるiPhone7プラス(左)とiPhone7(右)

電子部品価格が上昇基調、iPhone特需で笑うサムスン [有料会員限定]

 7~9月の主な電子部品・材料の取引価格は、米アップルの新型「iPhone」関連の需要で上昇基調が続きそうだ。新たに搭載が見込まれる有機ELパネルや、不足が続く半導体メモリーの高値が見込まれる。iPh…続き (8/12)

システムの共同開発を発表した(左から)JAXA航空技術部門の町田茂氏、ボーイング・リサーチ&テクノロジーのチャーリー・スヴォボーダ氏、ボーイング社の実証プログラムのリーダーを務めるダグラス・クリステンセン氏(2日午後、東京都千代田区)

国内随一、JAXA航空部門 乱気流を検知し事故防ぐ [有料会員限定]

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)といえば宇宙開発の印象が強いが、航空機研究の国内随一の拠点でもある。母体のひとつ、航空技術研究所(NAL)のDNAを引き継ぎ、未来の航空機を見据えた研究を続けてきた。…続き (8/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月17日(木)

  • 「Googleクビになったけど質問ある?」多様性問題のエンジニア、Redditに登場
  • マツダが内燃機関の進化にこだわりつつトヨタとも提携する理由
  • アマゾンの人工知能スピーカーは「盗聴器に早変わり」する―セキュリティ研究者が実証

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月17日付

2017年8月17日付

・ペイパル、金融やITの大手と提携加速
・無線で電気供給、活躍の場広げる パナソニックなどが技術開発
・埼玉大、空中のボールの動きを再現 磁力で触れずに回転
・IoT導入、中小に優しく シチズンマシナリーが新サービス
・サイバー・バズ、社長と釣りして遊ぶインターン 学生、親も同伴で…続き

[PR]

関連媒体サイト