面白く生きる! (日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

若い棋士育成へ、国内唯一の囲碁世界戦を開催
グロービス経営大学院学長 堀義人氏(64)

2017/4/28付
共有
保存
印刷
その他

 日本で行われる唯一の囲碁の世界戦である「グロービス杯世界囲碁U―20」が23日に終わった。世界各国・地域の代表の20歳未満の棋士16人が集まり、4日間にわたって熱戦を繰り広げた。日本勢はベスト4に2人が残った。

 グロービス杯が始まったのは2014年。僕が日本棋院の理事を拝命したのがきっかけだ。僕は囲碁を40歳で始め、子どもたちも全員囲碁を打つ。理事になるからには、囲碁界に目に見える貢献がしたいと思っていた。

 当時の囲碁界が抱えていた課題の一つが、日本の棋士が世界でなかなか勝てないことだった。かつて世界一の力を誇っていた日本勢が世界棋戦で20年近く中国や韓国の後じんを拝していたことを憂慮していた。「日本の棋士が世界で勝つためにはどうすればよいか」と思案した結果「若い棋士を鍛えるために世界で戦う機会を増やすのが一番良い」と考えて、グロービス杯の構想を練り始めた。

 まずは20歳未満限定の棋戦とした。なるべく多くの日本の棋士に世界と戦う機会を与えるため、参加16人のうち日本代表は6人とした。海外からは強豪の中国と韓国からそれぞれ3人ずつ、台湾から1人、米国、欧州、アジア・オセアニアから1人ずつ招くことにした。

 16人を4人ずつわけて4つの組をつくり、2敗するまで戦える形式にした。各組の上位2人が決勝トーナメントに進む。なるべく自国同士が当たらないように抽選も工夫した。ルールは「NHK方式」の早碁。1手30秒以内、1分単位で合計10回の考慮時間という方式にした。1日に2局打てるので、会期を短くできる。

 グロービスのキャンパスで開催して会場コストを下げ、その分、優勝者には300万円の賞金を出すことにした。各国の囲碁協会に連絡を取り、グロービス杯の開催が4年前に決まった。

 第1回の日本代表を選ぶ予選の前、動画メッセージを参加棋士全員にみてもらった。「若手が世界で勝てるようにグロービス杯を開きます。ぜひ精進して日本代表となり、世界トップになってください」と思いを託した。

 初日のレセプション兼抽選会では、日本を意識して僕は紋付き羽織はかまで登場し、会場では和太鼓を鳴らして戦う気持ちを鼓舞し、日本酒を振る舞う。最後の表彰式ではオリンピック形式で国旗を背に3位までが栄誉を受けとる。

堀義人(ほり・よしと)1986年京大工卒、住友商事入社。米ハーバード大経営大学院で経営学修士号(MBA)取得後、92年にグロービス設立。「ヒト・カネ・チエの生態系を作り社会の創造と変革を行う」ことを目標に、経営大学院の経営、ベンチャーキャピタルの運営、経営ノウハウの出版・発信を手掛ける。茨城県出身。55歳。

堀義人(ほり・よしと)1986年京大工卒、住友商事入社。米ハーバード大経営大学院で経営学修士号(MBA)取得後、92年にグロービス設立。「ヒト・カネ・チエの生態系を作り社会の創造と変革を行う」ことを目標に、経営大学院の経営、ベンチャーキャピタルの運営、経営ノウハウの出版・発信を手掛ける。茨城県出身。55歳。

 注目度が高いので、レセプションを含めて、初戦、2戦目、枠抜け戦、準々決勝、準決勝、決勝・3位決定戦、大盤解説会・抽選会は、全てインターネットで生中継することにした。

 記念すべき第1回のグロービス杯ではなんと、日本勢が優勝、準優勝を獲得した。これは歴史に残る快挙だった。第2、3回は中国勢が優勝した。これまで一度も優勝がなかった韓国は今回、相当な気迫で臨んできていた。代表団に話を聞いたら「今回は最強の布陣で臨んでいる。何とかよい結果を出したい」と語っていた。

 第4回グロービス杯の戦いの火蓋が切られた。日本勢は初日に中韓勢に1勝もできないなど苦戦したが、2日目には挽回。ベスト8に過去最高となる3人が残った。準々決勝では2人が中国のトッププレーヤーを破る快挙だった。準決勝の日韓対決では破れ、韓国勢の初優勝に終わった。

 国家の威信をかけた若き頭脳の争いはこうして幕を閉じた。日本の若手も着実に力をつけている。グロービス杯経験者の日本の棋士も、伊田篤史棋士はタイトルホルダーになり、余正麒、一力遼、本木克弥の3棋士は井山裕太棋士とタイトル争いをするまでに成長している。グロービス杯の当初のもくろみである「若手を徹底的に鍛える」という目的は達成しつつある。日本の棋士達が世界で勝つために、グロービス杯を今後とも継続していきたい。来年の第5回グロービス杯が今から楽しみだ。

[日経産業新聞2017年4月28日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

面白く生きる! (日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

面白く生きる! (日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「徳」は小善の積み重ね 行いに加え気持ちが重要

 「徳」って何だろうか。僕は、分からない言葉に出会うと、考えてしまう。徳とは何か、徳がある人とはどのような人なのか、それはなぜ必要なのか、どうやったら身に付くのか――。こんなことを考え始めたきっかけは、ヤマ…続き (7/26)

グロービス経営大学院での授業風景

ダボス会議の興奮、日本でも体感

 7月1日と2日、福岡市に1100人の若きリーダーが集まった。グロービス経営大学院の在校生、卒業生、教員らが集う1泊2日のカンファレンス「あすか会議」であった。福岡市の高島宗一郎市長やJR九州の唐池恒二会長、博多ラーメン店「一風堂」で有名…続き (7/19)

名古屋市西区の庄内緑地公園で水遊びをする子どもたち。中部地方は高気圧に覆われ気温上昇が続き、名古屋市内では今年初めて35度以上の猛暑日になる予想(3日午前)=今井拓也撮影

自己責任は自由な人が持てる特権

 「自己責任」という言葉をネガティブにとらえる風潮があることを危惧している。自由があるからこそ、自己責任がある。自己責任を否定することは、自由を持たず他人のいいなりになることを意味するのだと思う。実は我が…続き (7/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月28日(金)

  • 知らないと蚊帳の外に?正しい広告取引の実現に向けたブロックチェーン活用の意味
  • いま世界で、セキュリティとプライバシーの法制度が大きく変わろうとしている
  • 黒船Spotifyが日本の音楽文化を救う? 田中宗一郎インタビュー

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月28日付

2017年7月28日付

・OKI、光ファイバーセンサー発売へ
・タンクの液体、波打ち抑制 中大、地震や運搬向けの装置
・冷凍能力抑え、3割小型化 前川製作所の自然冷媒冷凍機
・ツガミ、自動旋盤の切削力4割向上
・マツダ、米販売店テコ入れ 半数の300店超を対象に…続き

[PR]

関連媒体サイト