トップ > 社説・春秋 > 記事

春秋

2017/3/31 2:30
共有
保存
印刷
その他

 理髪店に最も多く置かれている漫画は、さいとう・たかをさんの「ゴルゴ13」だという。大人の男性なら一度は手に取ったことがあるはずだ。「デューク東郷」を名乗る主人公は一匹おおかみの超A級スナイパー。国際政治の舞台裏で、請け負った仕事を完璧にこなす。

▼そんな人物に依頼をしたというのだから、ただごとではない。外務省が海外に進出する中小企業向けに、ゴルゴ13がテロへの備えなどを指南する漫画の連載をホームページで始めた。トーキョーの外務省に招かれたG(ゴルゴ)が、「用件を聞こうか……」と切り出す。外相が安全対策への協力を求め、物語は幕を開ける。

▼ただし最近のテロは、Gの得意な銃だけではない。車で歩行者の列に突っ込み、ナイフで襲うといった蛮行が目立つ。英ロンドン中心部で起きた事件もそうだった。治安関係者に聞けば過激派組織「イスラム国」(IS)は、「銃や爆弾がないのなら車や岩、ブーツ、拳で襲え」などとテロ行為をあおり立てているという。

▼米国などによる空爆が続き、ISは中東での支配地域を失いつつある。力によるテロの封じ込めはもちろん必要だが、その一方で多くの市民らが爆撃の巻き添えになっている事実も忘れてはなるまい。テロ対策を推し進めながら、かみしめるべきGの名言を一つ。「その正義とやらは、お前たちだけの正義じゃないのか?」

春秋をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

春秋

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報