奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

直販大本命「D2C」、広告から販売までネット総動員 (三浦茜)

(1/2ページ)
2017/3/31付
共有
保存
印刷
その他

 Eコマースというと、リアル店舗やブランドが販路拡大のためインターネットでも商品を販売する、というイメージが強いのではないだろうか。

アウェイの売り上げの90%はネット経由だ(同社のサイト)
画像の拡大

アウェイの売り上げの90%はネット経由だ(同社のサイト)

 米国では店舗ではなくEコマースからスタートする「D2C」と呼ばれる新たなモデルが盛り上がりを見せている。Direct to Consumerの略で、ブランドづくり、商品の企画、プロモーション、そして販売まで全て1社で担うモデルだ。

 筆者は先日、このD2Cブランドの中でも急成長中のトランク店、AWAY(アウェイ)の商品を購入した。これまで実店舗とネットでは、ネットの方が販売のハードルが高いと思っていた。しかし今回、ネットの方が物が売りやすい時代になりつつあると感じる体験になった。

 アウェイは2015年創業の非常に若い会社だが、16年の売り上げは1000万ドルを超える注目のスタートアップだ。商品はトランクのみ。種類は機内持ち込みサイズ2つと、さらに大きいものが2つの計4つ。

 こういった単一商品ブランドの場合、従来であれば量販店に卸して販売するだろう。しかしアウェイはEコマースで直接販売することでマージンを抑え、高品質なトランクを顧客に低価格で提供する方法を選んだ。

 価格は300ドル以下なのに、一生涯保証が付いている。購入できるのはネットとニューヨークにあるコンセプトストアのみ。90%がネット経由の売り上げだという。

 このトランクを知ったのは友人の口コミだった。機能面でも優れていて安価でセレブ愛用のトランクがあるという。早速その場でサイトを見てみた。家に帰って検討しようと一度は閉じたが、その日からアウェイの広告が追いかけてきた。

 フェイスブック広告やグーグルのリターゲティング広告などで、さりげなくアウェイが目に入ってくる。この手の広告は煩わしいこともあるが、買おうか迷っている時には役立つ。思わずサイトにアクセスしてまた迷う、そしてまた追いかけられる。これを繰り返し最終的には購入に至った。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

GILTなどのサイトがにぎわっている

期間限定で激安「フラッシュセールサイト」じわり

 最近、友人たちに「洋服どこで買ってる」と尋ねると、「ゾゾタウン」「アマゾン」などに加えて「GILT」「GLADD」といったフラッシュセールサイトの名前が上がることが多くなってきた。私もかなりの頻度で…続き (6/25)

Origamiはロフトなどで活用例がある

広がるQRコード決済 スマホアプリで読み取るだけ
(藤元健太郎)

 全国のローソンで8月から、「楽天ペイ」が利用できるようになる。楽天ペイは、最近広がり始めているスマートフォン(スマホ)を使った決済手法の1つだ。専用アプリを活用。店舗のタブレットやスマホにQRコード…続き (6/18)

「マーケティングアジェンダ」ではネットメディアと広告などに関する議論が深まった

不透明なメディアの広告効果、日本でも議論必要
(徳力基彦)

 「メディアに1円たりとも無駄なお金を使ってはいけないと思っている」。そんな白熱する議論が、先月300人以上の広告関係企業を沖縄に集めて開催されたマーケティングアジェンダというイベントで展開された。
 …続き (6/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月28日付

2017年6月28日付

・ドローンとAIで獣害優しく防ぐ スカイロボット、動物の行動予測、超音波で退ける
・網膜の炎症に飲み薬 窪田製薬が再挑戦
・太陽光パネルのアンフィニ、福島に新工場 国産で住宅市場に照準
・日本信号、屋外でも高精度に障害物検知 小型3Dセンサー
・東大発VBのエルピクセル、基礎研究をAIで効率化 細胞画像を自動判定…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト