先読みウェブワールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スマホで客の動線分析 「来ても買わない」理由探る
野呂 エイシロウ(放送作家・戦略PRコンサルタント)

2017/3/27付
共有
保存
印刷
その他

 「モノが売れない時代」と言われて久しい。特に百貨店などの商業施設は非常に厳しい状況にある。とはいえ、閑古鳥が鳴くほど店内が閑散としているわけではない。お客さんはたくさんいるし、休憩できる飲食店は満席も多い。そう、集客には成功しているのだ。

これまで外国人の動きを分析するサービスでノウハウを培ってきた
画像の拡大

これまで外国人の動きを分析するサービスでノウハウを培ってきた

 買ってもらうのに必要なのがニーズを知ること。その昔は施設に「お客様の声」という名前のポストなどがあり、いろいろな意見を投稿したものだが、今やそれも面倒くさがられる。

 そんな現状をなんとかしようと立ち上がったのがナイトレイ(東京・渋谷)である。

 この会社は交流サイト(SNS)を活用した訪日外国人の観光分析サービス「インバウンドインサイト」を手掛けてきた。SNS上に公開されているつぶやきや写真、位置情報をリアルタイム解析することで、口コミ・国籍・移動経路などをデータベース化している。

 「どこの飲食店のどのメニューが投稿されているか」「羽田空港に到着した人は次にどこに行くのか」「観光地についてどう思っているのか」といった情報を企業のマーケティングに活用してもらっていた。

 そんなナイトレイが、商業施設の来場者分析サービスを開発した。来店した人の位置情報、それぞれの滞在時間、経路、来店回数などをとり、お客さんの行動を分析しようというのだ。様々な行動パターンや、人気テナントはどこかなどが詳細に分析できるという。

 これまでは商業施設はPOS(販売時点情報管理)データに頼っていたので、買い物をしてもらってレジ入力しなければお客の行動がわからなかった。ナイトレイは買い物しなかった来店者まで分析し、買ってもらうための施策を分析しようというのである。

 場合によっては、テナントの配置換え、通路の作り方やディスプレーの仕方にまで生かしてもらおうというのだ。そう、21世紀の「お客様の声」だ。買い物をしてもらうために、まずは顧客の声なき声を分析していく。

のろ・えいしろう 愛知工大工卒。学生時代から企業PRに携わり、出版社を経て日本テレビの「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で放送作家デビュー。戦略PRコンサルタントとしても著作多数。愛知県出身、46歳。

のろ・えいしろう 愛知工大工卒。学生時代から企業PRに携わり、出版社を経て日本テレビの「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で放送作家デビュー。戦略PRコンサルタントとしても著作多数。愛知県出身、46歳。

 これまでもコンビニエンスストアなどでは、棚の陳列の仕方などの分析を詳細に行っていたが、アナログな手法が多かった。百貨店やショッピングセンター、アウトレットとなると広大すぎて非常に難しい。それをデジタルで行う。

 活用するのはスマートフォン(スマホ)だ。まず来店者にポイントなどがたまる専用アプリをダウンロードしてもらう。店内でWi―Fiやビーコンなどでスマホと通信し、移動履歴を取る。それによって「素通りしている人はどれくらい」「来館して買い物をしなかった人はどれくらい」ということが明確になるという。

 「企業のマーケティング活動だけでなく、消費者の利便性向上にも寄与したい」と石川豊社長。すでに、ある大手の商業施設とプロジェクトを進めているという。これによって「勘」や「経験」で物を売っていた時代から、分析して店作りをしていく時代に変わっていくのかもしれない。

 ボクもそうだが、商業施設に足を運んでもなんとなく買わずにウィンドウショッピングで終わってしまうことも多い。その理由は何だろうか。ワクワク感が足らないのだろう。きっと。果たしてデータがモノが売れない時代の救世主になるか。

 コンビニやチェーンの飲食店がどこも似たり寄ったりになったように、データ分析の結果、商業施設も「没個性」の時代になってしまってはつまらない。今後の動向が気になる。

[日経MJ2017年3月27日付]


「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

先読みウェブワールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

先読みウェブワールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「アンドパッド」では工事現場のスケジュール管理もしやすい

IT駆使して時短実現 働き方改革は前向きに

 先日、知り合いの弁護士に会うと「今月は米フロリダに行きます」と言っていた。その少し前はエストニアに電子決済の視察に行っていたという。「そんなに日本を空けて顧問先などの仕事は大丈夫?」と聞くと、「チャ…続き (8/17)

「完全自動決算サマリー」も試験的に始まった(写真は紹介ページ)

自動記事執筆だけじゃない 報道機関にもAIの波

 人工知能(AI)が、囲碁や将棋で高段位者に勝つという話題が当たり前の時代に入った。ビジネスのさまざまな局面に、AIが関与しているといっても奇異に感じる読者はもはや少ないだろう。メディア産業においても…続き (8/10)

「バーチャル・キッチン」では理想のキッチンの雰囲気を再現しやすい

キッチン改築、CAD使い店頭で設計・見積もり楽々

 現在キッチンを改築しようと準備している。キッチン・キャビネット(棚)をいろいろ物色しているのだが、そこで驚いたのは、その場でキッチンをデザインし、価格まで弾き出してくれるソフトを利用している店が米国…続き (8/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月23日(水)

  • 「Microsoft Edge」でもっと快適にブラウジングするための10のヒント
  • 自動車セキュリティ専業ベンダー、IT知見もふまえ「現実解」を提供
  • 不老の秘密は「600人のエストニア人の血」で解き明かせるか―シリコンヴァレーのスタートアップの挑戦

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月23日付

2017年8月23日付

・富士フイルム、橋やトンネルのひび割れ、画像で自動診断
・JTがアトピー薬19年発売 たばこ一本足の脱却へ前進
・水ing、自治体向けに省エネし尿処理設備 CO2を2割削減
・ゲスタンプ、熱間プレス、加工速度2.5倍 来年から量産へ
・東急リバブル、リノベ物件の資材一括調達 施工業者の負担軽減…続き

[PR]

関連媒体サイト