スポーツ > 競馬 > ぱどっく > 記事

ぱどっく

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

好調デムーロ首位独走 日曜メインは6連勝中

2017/3/17付
保存
印刷
その他

 騎手のミルコ・デムーロ(38、栗東)の快進撃が止まらない。12日にG2、フィリーズレビュー(阪神)を勝ち、日曜日のメイン競走で6週連続勝利。35勝で勝利数ランク首位に立ち、2位田辺裕信(33、美浦)に7勝差と独走態勢だ。

M・デムーロ騎手(写真右)は6週連続で日曜メイン競走を勝つなど絶好調だ(3月12日、阪神競馬場)=JRA提供

 2月5日にG3、東京新聞杯(東京)を優勝してから、日曜のメインを勝ち続け、同月19日には今年最初のG1、フェブラリーステークス(同)も制した。フィリーズレビューは2番人気のカラクレナイで後方待機から鮮やかに差し切り優勝。2月以降の重賞は8戦6勝という勝負強さだ。

 「2着が一番嫌い」と語るように、負けん気の強いデムーロだが、好不調の波も激しい。不調の時は出遅れが多くなったり、仕掛けのタイミングが早くなったりするなど、ウソのように勝てなくなるが、逆に好調時は手がつけられない。その傾向は数字にも顕著に表れる。例えば、昨年は3月に18勝を挙げ、勝率も29.5%を記録。一方、5月は3勝、勝率は4.8%にまで急落した。今年も1月は8勝で、勝率は11.8%止まりだったが、2月は18勝、3月も12日までに9勝を挙げる。勝率は両月とも32.1%とかなり高い。

 昨年、激しい最多勝争いを演じた戸崎圭太(36、美浦)は20勝、クリストフ・ルメール(37、栗東)は27勝。昨年の勢いはない。今のうちに勝ち星を重ねて、ライバルを突き放しておきたい。

(関根慶太郎)

ぱどっくをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬のコラム

ぱどっく 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

M・デムーロ騎手(写真右)は6週連続で日曜メイン競走を勝つなど絶好調だ(3月12日、阪神競馬場)=JRA提供JRA提供

 騎手のミルコ・デムーロ(38、栗東)の快進撃が止まらない。12日にG2、フィリーズレビュー(阪神)を勝ち、日曜日のメイン競走で6週連続勝利。35勝で勝利数ランク首位に立ち、2位田辺裕信(33、美浦) …続き (3/17)

 3月の声を聞いて、やっと連敗が止まった。5日の弥生賞(中山・G2)。1番人気のカデナが後方から鮮やかな追い込みで優勝。今年に入ってから、4日のチューリップ賞(阪神・G3)まで、重賞に延べ37頭が出走 …続き (3/11)

兄の武豊(左)とは対照的にG1勝利は人気のない馬でのものが多かった幸四郎(2月26日、阪神競馬場)

 2月26日の阪神。最終レースが終了後も、約2500人ものファンが競馬場に残った。この日が最後の騎乗となった騎手、武幸四郎(38)を引退式で見送るためだ。同騎手は「これだけ多くのファンが残ってくれて、 …続き (3/4)

ハイライト・スポーツ

試合速報・結果

ワールドシリーズ(11/2)結果一覧

インディアンス 7(終了)8 カブス

 主な日本人選手の成績

更新 共同通信社提供

[PR]