スポーツ > 競馬 > ぱどっく > 記事

ぱどっく

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

好調デムーロ首位独走 日曜メインは6連勝中

2017/3/17付
共有
保存
印刷
その他

 騎手のミルコ・デムーロ(38、栗東)の快進撃が止まらない。12日にG2、フィリーズレビュー(阪神)を勝ち、日曜日のメイン競走で6週連続勝利。35勝で勝利数ランク首位に立ち、2位田辺裕信(33、美浦)に7勝差と独走態勢だ。

M・デムーロ騎手(写真右)は6週連続で日曜メイン競走を勝つなど絶好調だ(3月12日、阪神競馬場)=JRA提供

 2月5日にG3、東京新聞杯(東京)を優勝してから、日曜のメインを勝ち続け、同月19日には今年最初のG1、フェブラリーステークス(同)も制した。フィリーズレビューは2番人気のカラクレナイで後方待機から鮮やかに差し切り優勝。2月以降の重賞は8戦6勝という勝負強さだ。

 「2着が一番嫌い」と語るように、負けん気の強いデムーロだが、好不調の波も激しい。不調の時は出遅れが多くなったり、仕掛けのタイミングが早くなったりするなど、ウソのように勝てなくなるが、逆に好調時は手がつけられない。その傾向は数字にも顕著に表れる。例えば、昨年は3月に18勝を挙げ、勝率も29.5%を記録。一方、5月は3勝、勝率は4.8%にまで急落した。今年も1月は8勝で、勝率は11.8%止まりだったが、2月は18勝、3月も12日までに9勝を挙げる。勝率は両月とも32.1%とかなり高い。

 昨年、激しい最多勝争いを演じた戸崎圭太(36、美浦)は20勝、クリストフ・ルメール(37、栗東)は27勝。昨年の勢いはない。今のうちに勝ち星を重ねて、ライバルを突き放しておきたい。

(関根慶太郎)

ぱどっくをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬のコラム

ぱどっく 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

池江厩舎はここまでG1でも2勝と好調だ(写真はサトノアラジン=左端=で勝った4日の安田記念)=共同共同

 栗東所属の池江泰寿調教師(48)と角居勝彦調教師(53)が高レベルの最多勝争いを繰り広げている。16日の時点で池江調教師が34勝、角居調教師が32勝。過去5年、年間最多勝は54~57勝で決着していた …続き (6/17)

 3日の東京、阪神開催から、2015年産世代の競走が始まり、翌4日も含めて各場で新馬戦が2戦ずつ行われた。目を引いたのは今年から産駒を実戦に送り出す新種牡馬の活躍だ。まず4日の阪神(芝1400メートル …続き (6/10)

 第84回日本ダービーを制したレイデオロ=共同共同

 歴史に残る向正面だった。5月28日の第84回日本ダービー(東京、G1・芝2400メートル)。クリストフ・ルメール(38)騎乗のレイデオロが、18頭中14番手から一気に2番手まで進出。満場がどよめいた …続き (6/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]