奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

宅配危機、近所の助け合いと技術の融合が鍵 (藤元健太郎)

(1/2ページ)
2017/3/17付
共有
保存
印刷
その他

 昨年末から、インターネット通販の拡大などによる宅配の急激な増加に伴う問題が噴出している。物流量の増加に配達員の確保が追いつかない、人件費の高騰などによるコスト増、遅配の発生……。様々な問題に対して大手のヤマト運輸が値上げやサービス内容の見直しなどを打ち出し、注目された。

駅構内などへの宅配ロッカー整備は宅配危機の1つの解決策にすぎない
画像の拡大

駅構内などへの宅配ロッカー整備は宅配危機の1つの解決策にすぎない

 ひとつの課題として注目されているのは再配達率が2割という効率の悪さだ。試算では7億個もの無駄な荷物を配送しているわけで、これを減らせるだけでも大きなインパクトになる。

 まず進められているのが宅配ロッカー。政府も設置に補助金を出す制度を始めると報道されている。確かにひとつの解決策ではあるが、まだまだ貢献できる方策はたくさんある。

 例えば「スマートロック」というスマートフォン(スマホ)で開閉できる鍵の普及だ。宅配業者との信頼関係が必要だが、配送時だけ有効な鍵を配送員のスマホアプリに送ることで、不在時でもドアを開けて玄関に荷物を置けるようになる。

 荷物の到着もアプリでリアルタイムにわかる。あわせて玄関にカメラを設置することが当たり前になれば、不正の心配も無い。宅配ロッカーを置くスペースの無い家なども鍵を換えるだけでよくなる。

 「ウケトル」という宅配用アプリも登場している。ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便と連携し、アマゾン・ドット・コムや楽天市場、三越伊勢丹などで購入した商品の配送情報がリアルタイムで把握できる。冷凍品などは宅配ロッカーが3温度帯に対応しないと厳しいので、やはり受け取りを確実にしていくことが大事になる。

 「すでにウケトル導入前と後で、再配達が1割減るという効果が出ている。現在ユーザーはまだ10万人だが1000万ユーザーを目指し公益企業になりたい」とウケトル(東京・渋谷)の角井亮一社長は語る。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パナソニックの焙煎機で焙煎したコーヒーのイメージ

パナがコーヒー豆販売 IoT時代の家電メーカー
(藤元健太郎)

 あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の時代と言われるなか、家電業界も「スマート家電」の取り組みを広げている。ただ、まだまだスマートフォン(スマホ)をリモコンにするといった域を出ていないものも多い…続き (5/21)

ユニークなDMは話題にもなるうえ、SNSでも広がる

SNS時代に紙のDM 「飛び出る絵本」で拡散希望
(徳力基彦)

 3月、第31回全日本DM大賞の授賞式が行われた。全日本DM大賞とは、いわゆる企業が発送しているダイレクトメール(DM)の中から優れた企画を審査・表彰している企画だ。今回筆者も初めて審査委員として参加…続き (5/14)

ThredUP

出品から発送まで代行 米国発の洋服フリマアプリ
(三浦茜)

 おそらくもう着ることはないけれど、捨てるのはためらうクローゼットの洋服達。だからと言ってフリマアプリで売るのも面倒くさい。スマートフォン(スマホ)によりフリマアプリを使った不用品販売は、気軽で簡単に…続き (4/30)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月23日付

2017年5月23日付

・OKI、ビットコイン連動のATM 現地通貨で引き出し可能に
・リケンテクノス、高強度透明シート開発 スマホ保護用
・医療生産 進捗見える化 シタテルが工場向けアプリ
・Looop、フィリピンで太陽光システム販売 日系工場向け
・三菱自、インドネシアに整備網、日本水準のサービス…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト