奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ネット広告の未来を議論 総広告費の2割超え (徳力基彦)

(1/2ページ)
2017/3/10付
共有
保存
印刷
その他

 先月、電通「日本の広告費」のリポートで、インターネット広告費がついに総広告費の2割を超えたことが発表された。これだけネットやスマホが普及し、人々が費やす時間が増えたことを考えれば当然の結果とも言えるし、まだ少ないと見る人も多いようだ。

ネスレ日本やNTTドコモなどの担当者が広告戦略の違いを語り合った(福岡市)
画像の拡大

ネスレ日本やNTTドコモなどの担当者が広告戦略の違いを語り合った(福岡市)

 一方で我々が考えなければいけないのは、はたして「インターネット広告」とは何なのかということだろう。福岡で開催されたダイレクトマーケティングのイベント「ダイレクトアジェンダ」で興味深い議論があったのでご紹介しよう。

 この基調講演は、食品ネット通販を手掛けるオイシックスの西井敏恭・最高マーケティング責任者(CMO)がモデレーターを務め、カゴメコメ兵NTTドコモ、ネスレ日本という4社の担当者と議論を交わした。

 西井氏が議論の土台として提示したのが、通販事業の4分類だ。まずはネットなどの通販が中心か、リアルの店舗が中心かという軸がある。それに取扱商品が少ないメーカーEC(電子商取引)か、多数の商品を仕入れる小売り型かの軸を加え、4つに分類されるという考え方だ。

 例えば、飲料食品メーカーであるカゴメやネスレは、通販中心でメーカーECだから、メガブランドを育てて指名買いを狙うモデル。逆にコメ兵は、店舗中心で商品を仕入れる形で、品ぞろえや接客で勝負するモデルという具合だ。

 同じネット通販でも、会社における事業の位置づけや強みは明確に違う。ネット通販がごく一部の人や企業が使う場所だったときは、勝利の方程式は1つであるかのような議論がされがちだった。それがこれだけ多様な事業者が参入してくると、企業によって実は全く違う事業になる。

 さらに非常に興味深かったのは、4つのモデルの違いや取扱商品の特徴によってネット広告やウェブ上の施策などの向き不向きが大きく異なるということだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パナソニックの焙煎機で焙煎したコーヒーのイメージ

パナがコーヒー豆販売 IoT時代の家電メーカー
(藤元健太郎)

 あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の時代と言われるなか、家電業界も「スマート家電」の取り組みを広げている。ただ、まだまだスマートフォン(スマホ)をリモコンにするといった域を出ていないものも多い…続き (5/21)

ユニークなDMは話題にもなるうえ、SNSでも広がる

SNS時代に紙のDM 「飛び出る絵本」で拡散希望
(徳力基彦)

 3月、第31回全日本DM大賞の授賞式が行われた。全日本DM大賞とは、いわゆる企業が発送しているダイレクトメール(DM)の中から優れた企画を審査・表彰している企画だ。今回筆者も初めて審査委員として参加…続き (5/14)

ThredUP

出品から発送まで代行 米国発の洋服フリマアプリ
(三浦茜)

 おそらくもう着ることはないけれど、捨てるのはためらうクローゼットの洋服達。だからと言ってフリマアプリで売るのも面倒くさい。スマートフォン(スマホ)によりフリマアプリを使った不用品販売は、気軽で簡単に…続き (4/30)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月23日付

2017年5月23日付

・OKI、ビットコイン連動のATM 現地通貨で引き出し可能に
・リケンテクノス、高強度透明シート開発 スマホ保護用
・医療生産 進捗見える化 シタテルが工場向けアプリ
・Looop、フィリピンで太陽光システム販売 日系工場向け
・三菱自、インドネシアに整備網、日本水準のサービス…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト