戦略ネットBiz

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「机から音楽」IoT家具で未来の部屋を提案

2017/3/8付
共有
保存
印刷
その他

 家具ベンチャーのカマルクホールディングス(シンガポール)は、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を生かした家具をインターネットで販売している。音楽が流れるテーブルや開け閉めを知らせるドアなど、自然なデザインに機能が潜む意外性が魅力。ソフト開発会社を買収して商品数を充実させ「未来の部屋」をぐっと現実に近づける。

部屋の温度・湿度や開け閉めをスマホに知らせるドア。見た目はいたって普通だ
画像の拡大

部屋の温度・湿度や開け閉めをスマホに知らせるドア。見た目はいたって普通だ

 無垢(むく)材を使った高さ約50センチの木製テーブルからお気に入りの音楽が流れ出す。スピーカーの開口部は見当たらず、魔法のテーブルが音を奏でているかのようだ。

 カマルクHDの「サウンドテーブル」は天板に薄型スピーカーを内蔵し、振動によって天板全体から音が出る。スマートフォン(スマホ)と近距離無線通信の「ブルートゥース」でつながり、音楽を再生する仕組みだ。

 専用アプリをダウンロードすると、設定した時間に鳴らして目覚ましにしたり、気象情報に連動して降雨を雨音で知らせたりできる。デザインを家電のアマダナ(東京・渋谷)などで知られる鄭秀和氏が手掛けた。

 スマホやパソコンの充電用に天板の側面にはコンセントやUSBの差し込み口を備える。ベッドサイドに適した小型のタイプとダイニングテーブルで価格は5万8320~10万5840円。2016年秋の発売から約100台を受注した。

 「IoTで2つを1つにする」。カマルクを14年に立ち上げた和田直希最高経営責任者(CEO)は開発の考え方を語る。テーブルとスピーカーをまとめてサウンドテーブルを誕生させたように、棚やドアなど家具をネットにつなげることでインテリアを超えた楽しみを生み出すのが狙いだ。

 3月末には第2弾として、センサーを内蔵した扉「メモリードア」を売り出す。センサーが室内の温度や湿度、明るさや開閉を把握。住人が専用アプリを入れたスマホで確認する。外出先から子供の帰宅やペットがいる部屋の温度を確認したり、離れて暮らす親の生活を見守ったりすることが可能だ。

 湿度と温度から熱中症やインフルエンザのリスクを知らせて、改善を促す機能も付ける。価格は2万7000円ほどからを予定。先行発売したインドネシアでは16年に新築マンションなどに約4千枚を販売した。エアコンや加湿器といった家電と連携させ、自動で快適な気温や湿度を保つなど順次機能を追加していく考えだ。

 IoT家具の本格展開に向けて開発陣も増強する。月内にソフト開発ベンチャーのコムツァイト(鹿児島県鹿屋市)の全株式を取得する。同社は焼酎メーカー向けの温度管理システムや、住宅にセンサーをつけて高齢者を見守るシステムなどを開発した実績がある。

 社名は既に「カマルク特定技術研究所」に変更した。岩倉路和社長は「今あるアイデアはほとんど実現できる」と商品化に意欲をみせる。

 カマルクの家具は日本企業のOEM(相手先ブランドによる生産)を手がけるインドネシアの工場で受注生産し、日本以外のアジアの国・地域でも販売。納期は1週間~1カ月で、サウンドテーブルと組み合わせられるベンチや椅子もある。同社ホームページに加え、アマゾンでも販売を始めた。商品数が増えればカマルクで一式部屋をそろえることもできそうだ。

 「家の中をオンライン化すれば世界が一気に広がる」(和田CEO)。IoT家具は生活をどう面白くするか。新商品のアイデアが注目される。(小川知世)

[日経MJ2017年3月8日付]

「日経産業新聞」「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。電子版の有料会員の方は、日経産業新聞は月額1500円、日経MJは同1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

戦略ネットBizをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

戦略ネットBiz 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

旅先でスマホをかざすと、風景に観光スポットの方向を示すARタグが表示される

AR・VRでワクワク 凸版印刷の観光アプリ「旅道」

 凸版印刷はスマートフォン(スマホ)向け観光アプリ「旅道」を日本人観光客や訪日外国人向けに提供している。AR(拡張現実)やVR(仮想現実)、電子チラシサービスなど同社の技術を結集させている。現地でのみ…続き (3/25)

LINEの公募サイト。報奨金は1件あたり500~1万ドルが基本

バグ報告で報奨金 LINEは最大1万ドル

 当社の交流サイト(SNS)やクラウドサービスが抱えるバグ(欠陥)を報告すれば報奨金を提供します――。そんな触れ込みの「バグ報奨金制度」を立ち上げるIT(情報技術)企業が増えている。呼びかけに応じた世…続き (3/18)

部屋の温度・湿度や開け閉めをスマホに知らせるドア。見た目はいたって普通だ

「机から音楽」IoT家具で未来の部屋を提案

 家具ベンチャーのカマルクホールディングス(シンガポール)は、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を生かした家具をインターネットで販売している。音楽が流れるテーブルや開け閉めを知らせるドアなど、自…続き (3/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月30日付

2017年3月30日付

・商品を自動提案 人が協業 トランスコスモス
・紙おむつ再生 自治体救うか ユニ・チャーム
・エフティグループ 電力小売り「取次店」拡大狙う
・日立プラントメカニクス センサー無しで天井クレーン制振
・ポピンズ 直営で学童保育展開…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト