ヤマト、苦渋の転換 顧客志向の哲学は曲がり角

2017/3/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
その他

 ヤマトホールディングス(HD)がヤマト運輸の宅配便事業を抜本的に見直す。消費者ニーズをくみ取ることでサービスの質を高め続けてきた結果、想定を上回る荷物が集まり、サービスの維持すらも難しくなっているためだ。

 2017年3月期には16年3月期を8%上回る18億7000万個の宅配便の取り扱いを見込む一方、営業利益は580億円とリーマン・ショック以来の低水準に沈む。自社の従業員で賄いきれない荷物の配送を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 13:31
7:05
北陸 6:25
6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:00
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報