奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ウルトラマンに変身、ARで「テクノスポーツ」 (藤元健太郎)

(1/2ページ)
2017/2/17付
共有
保存
印刷
その他

 子供の頃、自分もスペシウム光線を発射できたらと憧れた人は多いと思う。ナンジャタウン(東京・豊島)で開催中のイベントでは、子供達が拡張現実(AR)の技術を利用したアトラクションでウルトラマンに変身し、光線を打ちながら怪獣を倒すゲームを楽しんでいる。

HADOはARのなかで体を動かせば光線が出せる
画像の拡大

HADOはARのなかで体を動かせば光線が出せる

 ここで採用されている「HADO」というシステムはARのゴーグルをかけ、腕にセンサーをつけて使う。ドラゴンボールのかめはめ波のような光線を発射して敵の陣地を破壊したり、一緒にドラゴンを倒したりすることができるものだ。

 こうして書くとゲームのように聞こえるかもしれないが、実はHADOはスポーツとしての普及を目指している。

 韓国や中国を中心に、世界ではすでにeスポーツというプロのゲーマーが競うジャンルが確立している。

 日本はニンテンドーDSやプレイステーションなどゲーム専用機が普及したため広がっていなかったが、オンライン対戦型PCゲームが普及した韓国などでは、15年ほど前からゲーマーがプロスポーツ選手として扱われている。

 スポンサーがついている選手もたくさんいてテレビ番組で解説付きで放送されており、まさにスポーツそのものだ。市場規模は世界で1000億円に達するといわれる。

 こうしたeスポーツがPCゲーム中心だったのに対して、HADOを提供するmeleap(東京・港)の福田浩士・最高経営責任者(CEO)はARの技術を使いながら、あくまで自分の体で行うスポーツとして捉えている。

 「かつて自動車が登場してモータースポーツが生まれたように、新しいテクノロジーを使ったスポーツを『テクノスポーツ』として普及させていきたい」と福田CEO。また、HADOでは自分好みに設定を変えられ「プログラミングを勉強しながら体育もできる新しい教育の可能性もある」と可能性を語る。

 HADOはすでに昨年、大会を開催している。総額100万円の賞金を巡って20チームが対戦して盛り上がった。プロスポーツを目指す以上は観客も大事だが、ニコニコ動画の実況解説付き放送で3万3000人が視聴してコメントもついたそうだ。第2回は今秋に開催を目指す。海外からの参加も予定され、まさにワールドカップになっていく。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

Origamiはロフトなどで活用例がある

広がるQRコード決済 スマホアプリで読み取るだけ
(藤元健太郎)

 全国のローソンで8月から、「楽天ペイ」が利用できるようになる。楽天ペイは、最近広がり始めているスマートフォン(スマホ)を使った決済手法の1つだ。専用アプリを活用。店舗のタブレットやスマホにQRコード…続き (6/18)

「マーケティングアジェンダ」ではネットメディアと広告などに関する議論が深まった

不透明なメディアの広告効果、日本でも議論必要
(徳力基彦)

 「メディアに1円たりとも無駄なお金を使ってはいけないと思っている」。そんな白熱する議論が、先月300人以上の広告関係企業を沖縄に集めて開催されたマーケティングアジェンダというイベントで展開された。
 …続き (6/11)

サイトでは様々なメニューを選べる

ガレージでディナー、米発「ソーシャルダイニング」
(三浦茜)

 映画や演劇のチケットを予約するように、前売りチケットを購入するレストランが米国にある。「Feastly(フィーストリー)」というこのサービス、前売りチケット型であるだけでなく、ソーシャルダイニング、…続き (6/4)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月23日付

2017年6月23日付

・ドローン・3D、セット貸し 中小の建設会社向け、オリックス系と国際航業
・日本工営、福島で小水力発電所
・IDEC、ナノバブル測定サービス 応用研究を支援
・東レ・デュポン、設備投資50億円 フィルムやゴム用繊維で
・ゴルフを手軽に楽しんで、ブリヂストンスポーツ 屋内施設を展開…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト