奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ウルトラマンに変身、ARで「テクノスポーツ」 (藤元健太郎)

(1/2ページ)
2017/2/17付
共有
保存
印刷
その他

 子供の頃、自分もスペシウム光線を発射できたらと憧れた人は多いと思う。ナンジャタウン(東京・豊島)で開催中のイベントでは、子供達が拡張現実(AR)の技術を利用したアトラクションでウルトラマンに変身し、光線を打ちながら怪獣を倒すゲームを楽しんでいる。

HADOはARのなかで体を動かせば光線が出せる
画像の拡大

HADOはARのなかで体を動かせば光線が出せる

 ここで採用されている「HADO」というシステムはARのゴーグルをかけ、腕にセンサーをつけて使う。ドラゴンボールのかめはめ波のような光線を発射して敵の陣地を破壊したり、一緒にドラゴンを倒したりすることができるものだ。

 こうして書くとゲームのように聞こえるかもしれないが、実はHADOはスポーツとしての普及を目指している。

 韓国や中国を中心に、世界ではすでにeスポーツというプロのゲーマーが競うジャンルが確立している。

 日本はニンテンドーDSやプレイステーションなどゲーム専用機が普及したため広がっていなかったが、オンライン対戦型PCゲームが普及した韓国などでは、15年ほど前からゲーマーがプロスポーツ選手として扱われている。

 スポンサーがついている選手もたくさんいてテレビ番組で解説付きで放送されており、まさにスポーツそのものだ。市場規模は世界で1000億円に達するといわれる。

 こうしたeスポーツがPCゲーム中心だったのに対して、HADOを提供するmeleap(東京・港)の福田浩士・最高経営責任者(CEO)はARの技術を使いながら、あくまで自分の体で行うスポーツとして捉えている。

 「かつて自動車が登場してモータースポーツが生まれたように、新しいテクノロジーを使ったスポーツを『テクノスポーツ』として普及させていきたい」と福田CEO。また、HADOでは自分好みに設定を変えられ「プログラミングを勉強しながら体育もできる新しい教育の可能性もある」と可能性を語る。

 HADOはすでに昨年、大会を開催している。総額100万円の賞金を巡って20チームが対戦して盛り上がった。プロスポーツを目指す以上は観客も大事だが、ニコニコ動画の実況解説付き放送で3万3000人が視聴してコメントもついたそうだ。第2回は今秋に開催を目指す。海外からの参加も予定され、まさにワールドカップになっていく。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ネット通販の宅配逼迫 「送料無料」の功罪
(村山らむね)

 宅配業界が逼迫している。翌日配送をうたう大手で注文しても、翌日に届かず、翌々日になることも多くなってきている。確実に歪みが生じ始めている。一番利益を享受しているのは我々消費者であり、かつ、この宅配と…続き (4/23)

ORSOのドローンはリモコンにスマホをつけ、アプリで操縦方法を楽しみながら学ぶことも可能

商機はこれから ドローン飛び交う時代の新サービス
(藤元健太郎)

 災害調査やビジネスの空撮などで小型無人機(ドローン)の商用利用が本格化している。今後はビジネス利用にとどまらないだろう。未来のコンセプトかと思われた米アマゾン・ドット・コムのドローン配送に関し、昨年…続き (4/16)

検索もSNSから デジタルネイティブの利用法
(徳力基彦)

 インターネットが普及して20年たつと、若い頃からネットがあるのが当然という世代が増えてくる。特に1990年代以降生まれは、ミレニアル世代やデジタルネイティブと呼ばれることも多い。そんなデジタルネイテ…続き (4/9)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月25日付

2017年4月25日付

・ICタグ、高温下でも利用OKに 京セラ、アンテナ一体の保護部品
・富士フイルム、医療用画像システム事業強化、カテーテル治療容易に
・すべてのモノにAIを ルネサス、IoT機器への搭載技術
・バイオマスを「地産地消」、洸陽電機が循環型モデル提案
・米アディエント、炭素繊維使い自動車シート4割軽く…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト