新風 Silicon Valley(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「地球に長く住むエイリアン」の視点で新事業
西城洋志(ヤマハ・モーター・ベンチャーズ・アンド・ラボラトリー・シリコンバレーCEO)

2017/1/5付
保存
印刷
その他

 私は自己紹介する際に「地球に長く住んでいるエイリアンです」という表現をよく使っている。ヤマハ発動機という成熟企業において非連続領域を含めた新しい価値の創出や事業開発をするには、「ウチ(社内)の文化や理念を理解しながらも、ソト(社外)からの視点を持つ」事が重要だと考えているからだ。

ヤマハ発動機で表面実装技術やロボット事業のソフトウエア開発などに従事。2015年7月にヤマハ・モーター・ベンチャーズ・アンド・ラボラトリー・シリコンバレーを設立、ベンチャー投資を含めた新事業開発に取り組む。

ヤマハ発動機で表面実装技術やロボット事業のソフトウエア開発などに従事。2015年7月にヤマハ・モーター・ベンチャーズ・アンド・ラボラトリー・シリコンバレーを設立、ベンチャー投資を含めた新事業開発に取り組む。

 私はヤマハ発動機に入社してから約18年間、IM事業部に所属し、産業用ロボット事業におけるソフトウエアエンジニアやソリューションエンジニアとして従事した。当社の主力事業はオートバイやマリンプロダクトを中心としたエンジンをコア技術としたものであり、BtoC(対消費者)の製品販売というビジネスモデルである。私が所属していたIM事業部が行っていたのは、メカトロニクス技術や制御技術、画像処理などのソフトウエア技術をコア技術にしたBtoB(対企業)のビジネスである。

 IM事業部の顧客は電子機器・電機・輸送機器・制御機器などを製造するセットメーカーや製造受託サービス事業者である。プロジェクトごとに顧客の製造拠点に足しげく通い、要求仕様の議論や交渉、納品立ち上げをしてきた。私はIM事業部での仕事を通じて本当に多くの国の多種多様な業種の個性豊かな人たちと接点を持つことができた。自然と「価値の多様性の理解」と「様々な見方によるソリューション創出」をする癖が付いていた。

 「欧州市場における未来のモビリティを考える」という全社タスクフォース(特定の任務のために編成された組織)に参加したときのことだ。当社のメーン事業に近い部署から参加したメンバーの提案は「車両自体のイノベーション(車両が動いている状態をより良くする)」だった。それに対して、私の提案は「移動手段・交通システムとしてのイノベーション(車両が動いていない状態を課題視)」であった。時間ベースで考えれば5%程度しか動いていない車両を改善するよりも、ある空間を占有しているにもかかわらず、95%の時間帯は何も価値を生んでいないということに課題認識をしたのだ。

 そうした「変わり者」であった私に、新規事業開発担当の役員が「全社事業領域を対象のシリコンバレーを活用した新事業開発任務」を命じた。2013年のことだ。

 振り返ってみると、当社は何年も前から「新事業開発」を継続して取り組んでいる。そのほとんどはシーズベース(技術先導型)で自前主義という手段を用いて実施してきている。結果として、コアのエンジン技術を活用した四輪バギー事業や汎用エンジン・発電機事業が生まれている。だが、我々の真の目的はモーターサイクル事業とマリンプロダクト事業に続く第3の事業の柱を創り出すことであるはずだった。その視点に立てば今の結果は不十分であるというのが当社の課題認識であり、これまでシーズベースや自前主義でやってきたことに理由があるというのが1つの気づきであった。

 私は顧客のニーズや欲しているものから考えるニーズ・ウォンツベースに立とうと決めた。自前主義ではなく、必要であれば他社と一緒に新しい価値を生み出す共創型にトライしてみようと思った。そこでいくつかの仮説を立てて、14年5月に単身でシリコンバレーに赴任した。活動を進めていくと、あることに気がついた。この続きは次回のこの欄で述べたい。

[日経産業新聞2017年1月5日付]

「日経産業新聞」「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。電子版の有料会員の方は、日経産業新聞は月額1500円、日経MJは同1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

新風 Silicon Valley(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

西城洋志ヤマハ発動機エイリアン

【PR】

新風 Silicon Valley(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

トヨタが発表した人工知能(AI)を活用したコンセプト車(1月4日、米ラスベガス)

AI時代切り開く「考える人」より「実践する人」

 米国では、世界最大の家電見本市「CES」がラスベガスで開催され、デトロイトでは北米国際自動車ショー「NAIAS」が行われた。テクノロジーに関係する人たちをわくわくさせるイベントが新年早々相次いでいる…続き (1/20)

米カリフォルニア州の試験場ではロボットライダー「MOTOBOT(モトボット)」の走行実験が進む

「慎重とは急ぐことなり」未知の領域への心構え

 シリコンバレーに赴任してから、あることに気がついた。それは「現状の事業における危機感」に加え「大きな変革点における機会」ということだ。前者は変化を受動的にとらえるのに対し、後者は能動的にとらえること…続き (1/13)

ヤマハ発動機が開発を進めているロボットライダー「MOTOBOT(モトボット)」

「地球に長く住むエイリアン」の視点で新事業

 私は自己紹介する際に「地球に長く住んでいるエイリアンです」という表現をよく使っている。ヤマハ発動機という成熟企業において非連続領域を含めた新しい価値の創出や事業開発をするには、「ウチ(社内)の文化や…続き (1/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月20日付

2017年1月20日付

・ソフトバンク系 ドローン動画、検査を素早く
・遺伝子操作で抗体改造 東大が新手法
・自販機+アプリで健康作り サントリー食品
・IBUKI センサー付き金型を開発
・ミスド 300店でアイス販売…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト