奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

クチコミで「モンスターヘッド」連発の2016年 (徳力基彦)

2016/12/23付
共有
保存
印刷
その他

 2016年もいよいよ終わりに近づいているが、今年のトレンドを考える上で注目したいのが「モンスターヘッド」だ。このキーワードは最近出版された柴那典氏の書籍「ヒットの崩壊」で紹介されている。

2016年は5億ダウンロードを超えた「ポケモンGO」のようなメガヒットが多かった
画像の拡大

2016年は5億ダウンロードを超えた「ポケモンGO」のようなメガヒットが多かった

 もともとインターネットの普及は、多種多様な商品やサービスが少しずつ売れる「ロングテール」と呼ばれる現象をもたらすと考えられていた。ロングテールとは販売数を縦軸に、様々な商品を横軸にしてグラフを描いたとき、長いしっぽ(ロングテール)のようにニッチ市場が広がる様子を例えている。

 しかし、実際には交流サイト(SNS)の普及を受けて話題のものにみんなが群がり、ヘッド(頭)の巨大化が進んでいる。その現象を表したのが「モンスターヘッド」という言葉だ。

 今年は日本において、まさに「モンスターヘッド」的なヒットが連発した年だった。

 7月に公開された映画「シン・ゴジラ」は息の長いヒットとなり、11月には興行収入80億円を突破した。さらに「君の名は。」は興行収入200億円を超え、邦画歴代2位を達成した。

 「ポケモンGO」は世界でのダウンロード数が5億件を超え、モバイルゲームの歴史上最も早く売り上げ1億ドルに到達するなどの5つのギネス世界記録に認定。先月本稿でご紹介した「PPAP」も、2016年の世界のユーチューブ動画ランキングで2位に入る快挙を成し遂げた。

 今年1年で歴史的な記録達成がここまで重なっているのはたまたまではなく、SNSの普及により話題が話題を呼び、一部のヒット商品に多くの人たちが群がる現象が加速しているからだろう。

 2016年はいわゆる「炎上」と呼ばれる騒動も多数発生した年だったが、ある意味そういうネガティブな話題も同様に「モンスターヘッド」化が進んでいると言える。

とくりき・もとひこ 名大法卒。NTTを経て06年アジャイルメディア・ネットワーク設立に参画、09年社長。14年3月から取締役最高マーケティング責任者(CMO)。

とくりき・もとひこ 名大法卒。NTTを経て06年アジャイルメディア・ネットワーク設立に参画、09年社長。14年3月から取締役最高マーケティング責任者(CMO)。

 もちろん、こうしたモンスターヘッドになれるコンテンツは、それ自体が面白かったり革新的だったりと、大勢の人たちがクチコミをしてくれることが大前提だ。

 ただ、だからといって自分の会社では無理だと諦める必要もない。それぞれのヒットの仕方も実は大きく異なる。

 ポケモンGOは事前に海外でのブームがテレビでもおおいに取り上げられ、日本での公開初日からポケモンGOフィーバーとでも呼ぶべき状況になった。対してシン・ゴジラは公開初日はそれほど話題は盛り上がっていなかったのが、クチコミで話題の輪が広がる展開になった。

 「君の名は。」も、公開直後の週末よりも第2週の週末の方が入場者数が多かったことがクチコミの影響だと分析されているし、PPAPに至っては、海外で先行して話題になって日本でも注目されるようになった逆輸入型のクチコミの広がりを見せている。

 モンスターヘッドの生まれ方は必ずしも一つのパターンではない。ただ、クチコミの広がりが必須なのは確かだ。ポケモンGOやPPAPに至っては、事前に広告らしい広告は打たれていない。逆に言うと広告や宣伝による力業だけでは大ヒットは作りにくい時代になっているとも言えるのだ。

(アジャイルメディア・ネットワーク取締役)

[日経MJ2016年12月23日付]


「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

奔流eビジネスをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アマゾンフレッシュでは野菜や果物など生鮮食品を買える

通販、次の舞台は15兆円生鮮市場 日米巨人が激突

 セブン&アイ・ホールディングスアスクルが生鮮食品のネット通販で提携した。セブン&アイはオムニチャネル戦略が当初見込みよりも停滞する中で見直しを進めている。一方でアスクルは法人向け通販で成功した物流…続き (7/16)

藤井四段が先輩棋士に挑んだ「炎の七番勝負」は注目を集めた

藤井四段の生中継、SNSで拡散しアベマTV活況

 先月から藤井聡太四段の歴代最多記録を更新する29連勝がおおいに話題になった。記録自体は7月2日に佐々木勇気五段による意地の勝利でストップしたが、この過程で生まれたもう1つの記録がある。この歴史的な対…続き (7/9)

「どちらが似合う?」 服を提案、アマゾンのAIカメラ

 4月に米国で発表された米アマゾン・ドット・コムの新デバイス「エコールック」。ファッション領域に特化し、ハンズフリーカメラとスタイルアシスタントの機能が特徴のこのデバイスは、現在招待制で販売がはじまっ…続き (7/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月21日付

  • アマゾンのアプリで実店舗の決済を―「Amazon Pay Places」が始動
  • ユーザーはいつサイトを見ているのか? 「朝型サイト」「夜型サイト」行動ログ調査
  • 近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月21日付

2017年7月21日付

・ソニー、画像センサー14%増産、自撮りや車載向け需要増で
・スマホゲーム、登場キャラ前面 配信前にファン獲得
・賃貸ビルの省エネ導入、「グリーンリース契約」でオーナーにも利益
・三井金属、四輪車用の排ガス触媒を増産 中印など5カ国で
・東レ、スマート衣料で連携 心電計の共同開発など…続き

[PR]

関連媒体サイト