新風 Silicon Valley(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

シリコンバレーがトランプ氏に懸念する3つのこと
フィル・キーズ(米インタートラストテクノロジーズ マネジャー)

2016/12/20付
保存
印刷
その他

 米国の次期大統領のドナルド・トランプ氏と米国のIT(情報技術)分野の主要企業の代表が14日、ニューヨークで会談した。参加したのは米アップルのティム・クック氏やグーグルの親会社アルファベットのラリー・ペイジ氏ら。トランプ氏は友好的な態度で「あなた方を支援したい」とコメントしたそうだ。

カリフォルニア大学バークレー校在学中に交換留学で来日。日本のIT(情報技術)産業にも詳しく、技術誌やウェブサイトなどでジャーナリストとして活動。日本での勤務経験もある。

カリフォルニア大学バークレー校在学中に交換留学で来日。日本のIT(情報技術)産業にも詳しく、技術誌やウェブサイトなどでジャーナリストとして活動。日本での勤務経験もある。

 シリコンバレーのIT系企業の経営者やそこで働いている人たちの多くは、トランプ氏に対してあまりよい感情を持っていない。シリコンバレーを構成する7つの郡では、トランプ氏の得票率は総じて低かった。最も高かった郡でも25%程度にとどまり、最も低かった郡では10%に満たなかった。

 IT系企業の多くは民主党のオバマ政権と親しかった。そのためか、共和党から立候補したトランプ氏は大統領選でIT系企業に厳しい態度をとっていた。アップルに対しては、テロ事件の犯人が持っていたアイフォーンの暗証番号の解読に協力しないのなら不買運動を起こすと述べたことがある。アマゾン・ドット・コムには、同社が独占禁止法に抵触している可能性があると指摘した。アマゾンの最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏は、トランプ氏に批判的な記事を多く掲載したワシントン・ポスト紙のオーナーである。そのこともトランプ氏のアマゾン批判の背景にあるのかもしれない。

 シリコンバレーにとって、トランプ政権誕生の明らかなメリットは1つしかない。それは防衛予算の拡大だ。だが、防衛産業は南カリフォルニアに集積しているので、シリコンバレーにはあまり恩恵は及ばないかもしれない。

 懸念材料はたくさんある。まず、交通インフラだ。シリコンバレーでは通勤時間帯以外でも交通渋滞がしばしば発生する。地元の地方自治体が電車や道路といった交通インフラを強化するために予算を投じることを決め、有権者も認めている。だが、自治体だけで必要な額をまかなうのは難しい。連邦政府の支援が必要だが、シリコンバレーに厳しい態度を取り続けてきたトランプ氏が協力してくれるかは微妙だ。

 次に人材だ。シリコンバレーの企業では、多くの外国人が働いている。トランプ氏の大統領就任後は、外国人が米国で就労ビザを取得するのはかなり難しくなる可能性が高い。トランプ氏は選挙期間中に移民や外国人の流入に制限を加えるべきだと主張していたからだ。

 シリコンバレーで働いている外国人には、トランプ政権に恐怖を感じている人がいる。そうした状況を反映し、中国のIT系企業がシリコンバレーにいる優秀な人材を中国に呼び寄せようとしているというニュースも流れている。

 貿易摩擦が発生する懸念もある。シリコンバレーの企業の多くは、売上高に占める海外の比率が総じて高い。中国や日本などにある企業がシリコンバレーに投資する動きも活発だ。ヒト・モノ・カネを海外とやり取りすることでシリコンバレーは発展してきた。

 だが、トランプ氏は選挙戦で米国の労働者を守るために外国に圧力をかけると発言した。米国に貿易黒字を計上している中国や日本を批判した。こうした言動を考えると、トランプ氏の大統領就任後に貿易摩擦が起きて、シリコンバレーの活力が低下することも考えられる。

 シリコンバレーのIT系企業の経営者はトランプ氏と反対の立場を明確にするか、自分たちの業界を守るためにプライドを捨てるかを決める必要がある。

[日経産業新聞2016年12月20日付]

「日経産業新聞」「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。電子版の有料会員の方は、日経産業新聞は月額1500円、日経MJは同1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

新風 Silicon Valley(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

新風 Silicon Valley(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

トヨタが発表した人工知能(AI)を活用したコンセプト車(1月4日、米ラスベガス)

AI時代切り開く「考える人」より「実践する人」

 米国では、世界最大の家電見本市「CES」がラスベガスで開催され、デトロイトでは北米国際自動車ショー「NAIAS」が行われた。テクノロジーに関係する人たちをわくわくさせるイベントが新年早々相次いでいる…続き (1/20)

米カリフォルニア州の試験場ではロボットライダー「MOTOBOT(モトボット)」の走行実験が進む

「慎重とは急ぐことなり」未知の領域への心構え

 シリコンバレーに赴任してから、あることに気がついた。それは「現状の事業における危機感」に加え「大きな変革点における機会」ということだ。前者は変化を受動的にとらえるのに対し、後者は能動的にとらえること…続き (1/13)

ヤマハ発動機が開発を進めているロボットライダー「MOTOBOT(モトボット)」

「地球に長く住むエイリアン」の視点で新事業

 私は自己紹介する際に「地球に長く住んでいるエイリアンです」という表現をよく使っている。ヤマハ発動機という成熟企業において非連続領域を含めた新しい価値の創出や事業開発をするには、「ウチ(社内)の文化や…続き (1/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月25日付

2017年1月25日付

・サイト構築、成功報酬で 富士通 中堅飲食向けに安く
・マネキン進化論 メーカーの七彩、客層分析機能持たせる
・住友大阪セメント 石灰石の埋蔵量をドローンで測量
・日本ピストンリング ライン改造で生産能力2倍
・和光純薬 マウスの反応、ヒトに近く…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト