奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

手作り品販売アプリ 作家との交流で心つかむ (村山らむね)

(1/2ページ)
2016/12/9付
共有
保存
印刷
その他

 ハンドメード品を販売するアプリが熱い。どのアプリも作家が支払う月額使用料はなく、販売手数料が8%から20%程度かかる。「4大ハンドメードマーケット」といわれるなか、最も後発で気を吐いているのが、2012年1月にサービスを始めたminne(ミンネ)だ。

ミンネのセミナーでは、製作過程もお客と共有するなど情報発信のコツを伝える
画像の拡大

ミンネのセミナーでは、製作過程もお客と共有するなど情報発信のコツを伝える

 ダウンロード数は640万、15年度の流通額は44億円。16年度は100億円に達する勢いだ。ミンネの特徴は、作家数の多さ。約30万人で、作品は約440万点も出品されている。

 従来も「ヤフオク!」などで手作り品を売っている人たちは多数いたが、出品も購入もすべてスマートフォン(スマホ)で完結するシンプルさが受けて、今まで自分のためだけに手作りをしていた人が、ものを売る楽しさに目覚めているのだ。

 人気の作家も続々と登場し、1カ月の売上額が600万円以上を記録した作家も。月額10万円以上の売り上げを達成した作家が14年1月は78人だったのが、今年1月には1227人となった。

 一番の売れ筋はアクセサリー。店舗では購入できない個性的な物が多く、まさに百花繚乱(りょうらん)だ。

 ミンネは作家向けのサポートが手厚い。11月に横浜で行われたイベントではネット活用法についてミンネ事業部・作家活動アドバイザーの和田まお氏が講演した。この内容が、現在、モノを売るためにどのようにソーシャルメディアを使えばいいのかの指針に満ちており、感銘を受けた。

 例えばツイッターでの情報発信。作品ができたという最終告知だけでなく「出店が決まった」「材料を仕入れに行った」など、こまめに情報を発信し期待感を醸成することが大切だという。

 インスタグラムで心をつかむ写真の撮り方もあった。背景に注意をする、畳やふすまなどの生活感はできれば排除する、といったコツがある。

 モノを売るために、どのように継続的にコミュニケーションをとるべきか。手作り品の販売には、「作る」「売る」「知らせる」「触れ合う」という原点が一番シンプルに現れる気がする。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パナソニックの焙煎機で焙煎したコーヒーのイメージ

パナがコーヒー豆販売 IoT時代の家電メーカー
(藤元健太郎)

 あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の時代と言われるなか、家電業界も「スマート家電」の取り組みを広げている。ただ、まだまだスマートフォン(スマホ)をリモコンにするといった域を出ていないものも多い…続き (5/21)

ユニークなDMは話題にもなるうえ、SNSでも広がる

SNS時代に紙のDM 「飛び出る絵本」で拡散希望
(徳力基彦)

 3月、第31回全日本DM大賞の授賞式が行われた。全日本DM大賞とは、いわゆる企業が発送しているダイレクトメール(DM)の中から優れた企画を審査・表彰している企画だ。今回筆者も初めて審査委員として参加…続き (5/14)

ThredUP

出品から発送まで代行 米国発の洋服フリマアプリ
(三浦茜)

 おそらくもう着ることはないけれど、捨てるのはためらうクローゼットの洋服達。だからと言ってフリマアプリで売るのも面倒くさい。スマートフォン(スマホ)によりフリマアプリを使った不用品販売は、気軽で簡単に…続き (4/30)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月26日付

2017年5月26日付

・気になる商品、アプリで取り置き イポカが来店促進、交通インフラ企業と連携
・水素精製 実証大詰め 千代田化工、風力で水を電気分解
・ボッシュ日本法人、工場のIoT導入を倍増
・帝人、自動車向け複合材の拠点数 1.5倍に
・コニカミノルタ、X線画像の診断部鮮明に 新画像処理技術…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト