新風 Silicon Valley(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本企業が米スタートアップに抱く5つの誤解
ジョアナ・ドレイク・アール(コア・ベンチャーズ・グループ ジェネラルパートナー)

2016/12/9 6:30
共有
保存
印刷
その他

 シリコンバレーのスタートアップ(ベンチャー企業)に対して、日本企業は5つの誤解をしているようだ。今回はそれについて述べたい。

Current TVなどのメディア関連企業のエグゼクティブやDeNA Westの最高執行責任者を経て、コア・ベンチャーズ・グループのジェネラルパートナーに就く。スタンフォード大学修士、カリフォルニア大学バークレー校卒。

Current TVなどのメディア関連企業のエグゼクティブやDeNA Westの最高執行責任者を経て、コア・ベンチャーズ・グループのジェネラルパートナーに就く。スタンフォード大学修士、カリフォルニア大学バークレー校卒。

 まず、シリコンバレーのアクセラレータープログラム(ベンチャー支援の仕組み)は、優れたスタートアップの実績がある人にとって、最適な場であるという誤解だ。

 シリコンバレーのアクセラレータープログラムは、シリコンバレーのベンチャーでの経験が乏しい人たちを対象にしている。現地でのネットワークがなく、資金調達や人材の供給、企業の創設一般に支援が必要な人たちだ。シリコンバレーの外にいた人が起業しようとしたときに役に立つプログラムなのだ。

 一方、東京には実績がある優秀な起業家を対象にしたアクセラレータープログラムがある。その理由は、シリコンバレーのような50年近くにおよぶベンチャー支援のインフラサービスの歴史を東京が持っていない点にある。

 次は大企業であれば質の高いディールフロー(資金の投資と回収)を実現する手法を調査研究できるという誤解だ。

 シリコンバレーのスタートアップへのディールフローを巡る競争は非常に激しい。スタートアップに関する情報が不完全であることもそれに拍車をかけている。投資家や買収企業、弁護士や銀行などは秘密裏に活動している。シリコンバレー内部の人的資本ネットワークがなければ、有用な情報は得られない。大企業であっても、シリコンバレーの外部から事業を開発しようとする試みは不発に終わる可能性が高い。

 3つめの誤解はシリコンバレーを短期間でも訪れれば、現地のスタートアップを理解し、正しく評価できるというものだ。

 シリコンバレーの経済のエコシステム(生態系)を理解したり、スタートアップとの信頼関係を構築したりするには、3年から5年を要する。日本企業の代表者がシリコンバレーに赴いて18カ月(1年半)で離任すると、代表者が現地の事情がわからないままになってしまい、その企業のブランドには傷がつくだろう。

 シリコンバレーでネットワークを構築するため、最高の人材に裁量と経営資源を与え、最低でも3年間は配置する必要がある。シリコンバレーで大きな成功を収めている日本企業では、代表者が実力のある取締役であり、長期滞在していたり、定期的に訪れていたりしている。

 信頼関係があればスタートアップへの投資や提携(ディール)を勝ち取れるという誤解もあるようだ。

 起業家や一流のベンチャーキャピタリストとの信頼関係を有することは有効だが、日本とは異なり、「身内に対する優遇」を受ける可能性は低い。スタートアップの経営陣は自社にとって最良の取引条件を常に保持する信認義務に拘束されているからだ。

 そして5つめの誤解は、スタートアップは国際的な企業やそのブランドとのパイプを構築することに魅力を感じているというものだ。

 スタートアップは一流のベンチャーキャピタルによる関与を好む。魅力のある事業を行っていることや相当の収益を生む可能性を有していることの証左になるからだ。半面、スタートアップは、国際的な企業が取引を行う際に求めてくる複雑な契約に対する経験や耐性に乏しい。

 次回はシリコンバレーのスタートアップが日本企業に対して持っている5つの誤解を紹介する。

[日経産業新聞2016年12月6日付]

「日経産業新聞」「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。電子版の有料会員の方は、日経産業新聞は月額1500円、日経MJは同1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

新風 Silicon Valley(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

新風 Silicon Valley(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本のもの作りを支える熟練工の技

職人がイノベーションの妨げになっているのかも

 先日、ある日本の地方都市に出張した。目的は繊維製品を製造・販売しているクライアント企業の工場の見学である。
 この企業が米国に進出する計画を立てており、私たちはそれを支援する予定だ。私は彼らのブランド…続き (4/28)

テスラモーターズの自動車工場(米カリフォルニア州フリーモント)

シリコンバレーのVBと組むには目的に応じた手段を

 私は昨年、日系企業の経営幹部や新規事業担当者などと面談させていただいた。その人数は約500人に達する。そのなかで多く耳にしたのが「シリコンバレーのエコシステム(経済の生態系)を活用したい」という言葉…続き (4/21)

トヨタが発表した人工知能(AI)を活用したコンセプト車(1月4日、米ラスベガス)

AIのオープンな文化がトヨタにも 研究成果を共有

 以前、トヨタ自動車の本社がある愛知県豊田市の近くに滞在したことがある。そのとき周りの人から「トヨタはとてもクローズドな会社で、翻訳をすべて社内で行っている」といった話を聞いた。私は、日本の戦国時代の…続き (4/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月1日付

2017年5月1日付

・脳信号でコンピューター操作 BMI、米で開発熱
・国際航業、太陽光発電を3Dモデルで異常検知 ドローンの画像解析
・鉄鋼大手3社 鉄冷え一方もなお残るリスク
・三菱倉庫、医薬物流で大阪に新拠点 高度な温度管理で収益力
・パフやA&S、「交換留職」ネットワーク…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト