戦略ネットBiz

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

音楽共有アプリ「nana」 強気の一部有料化

2016/11/23付
保存
印刷
その他

 スマートフォン(スマホ)を使って様々な人と音楽を共有できるアプリ「nana」を運営するnana music(東京・渋谷)が10月、サービスの一部有料化に踏み切った。月額の利用料は580円と、無料サービスもあふれるネット業界の中では比較的強気だ。約270万人いる無料会員に有料サービスに移行してもらうには、開発力の強化がカギを握る。

有料サービスでは「拍手数」で検索できる新機能を搭載した
画像の拡大

有料サービスでは「拍手数」で検索できる新機能を搭載した

 「580円は高いのでは」「無料だから見られたのに」――。10月19日、nanaが有料サービス「nanaプレミアム」を発表すると、SNS(交流サイト)上では批判的な声も上がった。

 しかし文原明臣社長は「有料化には賛否両輪が出たが、今のところユーザーが離反する動きはない」と強調する。自ら動画・音声生中継サービス「ツイキャス」に出演して有料化の背景を説明。視聴者から「もっと機能を増やしてほしい」などコメントが上がり、「意見を積極的に吸い上げていきたい」と応じた。

 有料サービスに搭載した機能は3つ。1つはユーザーの人気を示す拍手が多い順に楽曲を並べ替えられる「拍手数検索」。2つ目は2つの音が鳴っているように聞こえる「ダブラー」や電話越しに話しているような「テレフォン」など3つの特殊効果を加えられる「プレミアムエフェクト」。3つ目がお気に入りの投稿曲を画面の上部に固定して表示できる「固定サウンド」だ。

 いずれも本格的に音楽を楽しみたいユーザーから要望が多かった機能という。すでに数千人の有料会員を獲得しているといい、滑り出しはまずまず。今後も月1回のペースで新機能を追加していく。文原社長は「中期的には無料会員の1%、長期では5%の有料会員を獲得したい」と話す。

 同社が音楽SNSアプリのnanaを始めたのは2012年11月。知らない人同士がアプリ上で音を重ねて1つの楽曲をつくっていける。

 従来の音楽アプリはプロの音楽家向けの仕様が多かったが、同社のアプリは直感的な操作性を意識し、素人でも使いやすくしたのが特徴。若年層の女性を中心に利用が広がり、利用者の6割強を女子中高生が占める。

 ユーザーへの課金と並ぶもう1つの収益源として期待するのがアプリ内で配信する動画広告だ。9月から本格的に着手した。若い女性にアプローチできる点を訴え、コンビニエンスストアのお菓子、シャンプーなど美容商品、若者向け映画などを紹介する30秒ほどの広告を逃す。

 ネットによる動画広告は他社も手掛けているが、同社のアプリは自宅など音が出せる環境で利用する人が多く、「最後まで視聴してもらえる比率が高い」(同社)という。今後は有料サービスを使う利用者の属性を分析して、興味・関心に合ったキーワードを含む広告を配信することも検討する。

 nanaのアイデアの源になったのは10年のハイチ地震だ。欧米のアーティストが被災者への支援活動として「ウィー・アー・ザ・ワールド」を歌っているのを、文原社長が動画共有サイト「ユーチューブ」で見て感銘を受けた。しかしそこには日本人やアフリカ人の姿はなかったため、「世界中で音楽をつなぐサービスをつくりたい」と考え、11年にまず米国で法人を設立した。

 将来的に世界で1億人の利用者数を目標に据える。課題は開発体制の強化だ。同社では現在9人の技術者が働く。有料版だけでなく、無料版の機能開発も並行して進めなければ、利用者の裾野は広がらない。スマホアプリの開発者の採用を急ぐ。(鈴木健二朗)

[日経MJ2016年11月23日付]

「日経産業新聞」「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。電子版の有料会員の方は、日経産業新聞は月額1500円、日経MJは同1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

戦略ネットBizをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

戦略ネットBiz 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

お得感の高いクーポンを「招待状」として送りSNS投稿を促す

インフルエンサー向けクーポン 「発信力」を評価

 レポハピ(大阪市)は交流サイト(SNS)で影響力を持つ人(インフルエンサー)向けのクーポンサイトを運営している。友達の多さなどSNSでの発信力を100段階で自動評価し、一般的なサイトよりお得な割引券…続き (1/21)

寄付する自治体と金額を決めれば、返礼品は2年後までじっくり選べる

JTBのふるさと納税 返礼品は体験型旅行

 応援したい自治体に寄付する「ふるさと納税」に対応したJTBのサイト「ふるぽ」が利用者を増やしている。寄付額に応じたポイントを発行し、好きな時に自治体の返礼品と交換できるのが特徴。焦らずに品を吟味でき…続き (2016/12/24)

血圧計などをアプリに連携させれば自動でデータを記録可能(写真左)。アプリ自体は測定値の表示などシンプルな設計

使い慣れたアプリで健康データ管理 オムロン

 オムロンヘルスケア(京都府向日市)はスマートフォン(スマホ)向け健康管理アプリ「オムロンコネクト」の提供を11月から始めた。血圧計や体組成計など、同社の機器で測ったデータを自動で記録する。さらに他社…続き (2016/12/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月23日付

2017年1月23日付

・スマホのクラウド通訳「対面」で ケイ・オプティコム
・目の手術に4K+HDR 米アルコンが3D装置
・日産化学 家庭用除草剤、即効性と持続性を両立
・キッツ、陸上養殖の水質遠隔監視システムを開発
・フクダ電子、生体情報モニター小さく
…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト