新風 Silicon Valley(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

グーグル生んだ移民の活力 新政権で消滅の危機
伊佐山 元(WiL共同創業者兼最高経営責任者)

2016/11/22付
保存
印刷
その他

 米国の次期大統領にドナルド・トランプ氏が就くことが決まった後のシリコンバレーでは、混乱が続いている。ベンチャー経営や投資への影響はまだ限定的だが、トランプ氏が掲げる移民排斥や人種差別は危険だ。

いさやま・げん 1997年東大法卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。2003年から米大手VCのDCM本社パートナー。13年8月、ベンチャー支援組織のWiL(ウィル)を設立。

いさやま・げん 1997年東大法卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。2003年から米大手VCのDCM本社パートナー。13年8月、ベンチャー支援組織のWiL(ウィル)を設立。

 学校や日常生活の場では、すでに人種差別が原因の不満が沸騰し、衝突も何度か起きている。今日も我々のオフィスの前では、100人を超える人数の地元の高校生が「ピースマーチ(平和への行進)」に参加して街を闊歩(かっぽ)していた。

 これまで米国のベンチャー企業をめぐる社会では、出自を問わないオープンさが活力の原動力になっていた。この数年を見ても、珍獣の象徴である「ユニコーン」と称される時価総額10億ドル(日本円換算で1000億円)の非上場のベンチャー企業が150社以上も生まれており、その半分程度は移民が創業しているのだ。

 ウーバーテクノロジーズやエアビーアンドビー、スナップチャット、スペースX、ピンタレスト、ドロップボックス――。日本でも話題になるこれらのベンチャー企業の創業者はすべて移民だ。過去20年間に生まれたベンチャー企業の顔ぶれを見ても、創業者はインド人やカナダ人、英国人、中国人、イスラエル人と、まさに人種のるつぼとなっている。

 我々の生活には欠かせなくなったグーグルやヤフーも元はスタンフォード大学で学んだ移民が創業したベンチャー企業だった。シリコンバレーの重鎮の中で唯一トランプ陣営に参加することになった、天才経営者かつ投資家のピーター・ティール氏もドイツ出身だ。

 来年以降、新しい大統領の誕生により、仮に査証(ビザ)の発行が厳しくなり、白人と移民の対立が高まれば、シリコンバレーを支えてきた多様性は失われる。米国経済にも中長期的に大きなマイナスをもたらすのは明らかだ。シリコンバレーを含むカリフォルニア州は、世界の国内総生産(GDP)ランキングで6位に相当する巨大な経済圏だ。この地の活力は米国全体の経済のカギでもある。

 これまでシリコンバレーは、移民にとってアメリカンドリームを実現できる数少ない場でもあった。それゆえコストも競争環境も厳しいなかにあっても、世界中から才能豊かな人たちが集まり、切磋琢磨(せっさたくま)してきた。

 「シリコンバレーで認められたい」「本国に錦を飾りたい」「一族の成功を果たしたい」「世界を変えたい」。彼らの想いは様々だが、リスクの高い環境で優秀な人材が競争することにより、世界でも、まれなイノベーションの聖地を作り上げてきた。この地の開放性が失われ、多様性が認められなくなることは、世界から起業家の希望の地が消えることに等しい。

 「Success follows people, not the technology(成功は技術にあるのではなく、人にある)」と言われるように、シリコンバレーの競争力の源泉は、世界中から集まる人の魅力に尽きる。投資にしても、企業の経営にしても、技術や資本、タイミングなどいろいろな要素が成功の要因ではあるが、その中でも人の要素が圧倒的に大きい。

 今、米国が置かれている状況は、日本にとってチャンスなのかもしれない。いかに世界から優秀な人材をひきつけるのか、どのようにして多様性に寛容で、リスクテークを応援する社会をつくるのか。日本には、その材料はそろっているはずだ。

[日経産業新聞2016年11月22日付]

「日経産業新聞」「日経MJ」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。電子版の有料会員の方は、日経産業新聞は月額1500円、日経MJは同1000円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

新風 Silicon Valley(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

新風 Silicon Valley(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スペースXやテスラを率いるイーロン・マスク氏は南アフリカ出身

移民の野心と破壊的思考 シリコンバレーの原動力

 知的で大胆ではあるが、持っているのは野心だけ――。こうした起業家にとって、シリコンバレーは20世紀半ばからやさしい町であり続けた。米国の伝統的な産業界で成功するには、裕福な一族、業界でのつながり、そ…続き (2/17)

役員会議室

新規事業に悩んだら「らしくない」のを選ぼう

 依頼が増えているコンサルティング案件に「テクノロジーを使った新規事業創造」がある。人工知能(AI)や分散型台帳技術のブロックチェーン、小型無人機のドローンなどを活用した新しいサービスや製品を作り、事…続き (2/10)

Current TVなどのメディア関連企業のエグゼクティブやDeNA Westの最高執行責任者を経て、コア・ベンチャーズ・グループのジェネラルパートナーに就く。スタンフォード大学修士、カリフォルニア大学バークレー校卒。

日本の技術は遅れている 欧米VBが抱く誤解

 前回は、シリコンバレーの日本人によくみられる誤解を紹介した。今回は欧米のスタートアップ(ベンチャー企業)が日本企業とビジネスをするときに誤解しがちな5つの点についてお伝えしたい。
 まず、日本の経営者…続き (2/3)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年2月23日付

2017年2月23日付

・中古車競売用システム、東南アで販売
・あっさり食べやすい中鎖脂肪酸 日清オイリオ
・東電出資の米VB、日本でエネ効率化事業に参入 AIでデータ解析
・市光工業、インドネシア工場を自動化 生産能力1割増
・物の動き「LINE」で共有 日通総研…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト