奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

モノからネットへ ネスレ日本に学ぶ成長力 (徳力基彦)

(1/2ページ)
2016/10/28付
保存
印刷
その他

 10月中旬、現代マーケティングの父として知られる、米ノースウエスタン大学のフィリップ・コトラー教授が来日し、「ワールドマーケティングサミット2016」が開催された。

新製品「バリスタi」を発表するネスレ日本の高岡社長
画像の拡大

新製品「バリスタi」を発表するネスレ日本の高岡社長

 コトラー教授は、日本の構造問題として、昔ながらの暗記偏重の教育システム、保育施設の不足、高齢者の増加と介護という3つの問題を挙げ、改革が必須であると問題提起した。それと共に、日本がロボティクスやIoT、そして観光業などにさらに注力する必要性があると指摘していた。

 個人的に特に印象的だったのは、少子高齢化が急速に進む日本が、今後世界でどのような役割を担うべきかという視点だ。

 アジアの世紀が到来していることは間違いない。日本はその一員であるメリットを生かし、技術やアドバイスを必要としているアジアの国々をリードしていくべきだと提言されていた。

 その成功事例の一つとして紹介されたのがネスレ日本の取り組みだ。

 ネスレ日本にとっても日本の人口減少は、コーヒーやチョコレートを楽しむ人が減るという意味で市場減少に直結する大問題だ。ただ、同社はその問題をネガティブに捉えるのではなく、市場の変化により顧客に新たな問題が発生しているタイミングと捉え、解決のための新しいイノベーションに取り組んだ。

 例えば人口減少や単身世帯の増加による家庭1世帯におけるコーヒー飲料量の減少という問題に対して、「バリスタ」というおいしいコーヒーを1杯からでも楽しむことができる専用端末を開発。日本で最も売れているコーヒー端末メーカーとなった。

 さらには自らが強い家庭市場の成長性が鈍化することを見越し、コーヒーマシンを無料で貸し出す「ネスカフェアンバサダー」という仕組みでオフィス市場に挑戦。ネットを通じてオフィスでのマシンの世話役である「アンバサダー」と直接つながり、そのフィードバックを反映しサービスを改善し続けている。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2016年は5億ダウンロードを超えた「ポケモンGO」のようなメガヒットが多かった

クチコミで「モンスターヘッド」連発の2016年
(徳力基彦)

 2016年もいよいよ終わりに近づいているが、今年のトレンドを考える上で注目したいのが「モンスターヘッド」だ。このキーワードは最近出版された柴那典氏の書籍「ヒットの崩壊」で紹介されている。
 もともとイ…続き (2016/12/25)

アプリ「エイコーンズ」はクレジットカードなどと連動。買い物のおつりを積み立て運用する

「おつり」をスマホで運用 身近なフィンテック
(三浦茜)

 コーヒー代が270円、そのおつりの30円で資産運用する。そんなことを可能にする「エイコーンズ」というアプリがある。筆者は今年6月から利用をスタートした。
 実際には連携しているクレジットカードやデビッ…続き (2016/12/18)

ミンネのセミナーでは、製作過程もお客と共有するなど情報発信のコツを伝える

手作り品販売アプリ 作家との交流で心つかむ
(村山らむね)

 ハンドメード品を販売するアプリが熱い。どのアプリも作家が支払う月額使用料はなく、販売手数料が8%から20%程度かかる。「4大ハンドメードマーケット」といわれるなか、最も後発で気を吐いているのが、20…続き (2016/12/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月20日付

2017年1月20日付

・ソフトバンク系 ドローン動画、検査を素早く
・遺伝子操作で抗体改造 東大が新手法
・自販機+アプリで健康作り サントリー食品
・IBUKI センサー付き金型を開発
・ミスド 300店でアイス販売…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト