奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中田英寿氏がネット活用指南 世界見据えよ (徳力基彦)

(1/2ページ)
2016/9/30付
共有
保存
印刷
その他

 9月に開催された、日本最大規模の広告業界のイベントである「アドテック東京」。

 今年は、基調講演に登壇した元サッカー選手の中田英寿氏の問題提起が非常に印象に残ったので紹介したい。

中田氏は外国人向けの日本酒アプリなどに携わっている
画像の拡大

中田氏は外国人向けの日本酒アプリなどに携わっている

 中田氏と言えば、現在の日本人選手の海外での活躍の土台を作った日本サッカー界を代表する選手の一人だが、彼が現在力を入れている活動の一つが日本酒の世界展開だ。

 アドテックで中田氏は、日本酒や工芸品などの日本の伝統的な産業は世界的にも質の高いものが多いのに、インターネットの活用が遅れていることが多いと指摘。昔ながらの伝統産業にネットが入ることに大きな可能性がある、という問題提起がされていた。

 例えば中田氏が力を入れている活動の一つが、「Sakenomy(サケノミー)」という日本酒好きのためのアプリ。

 海外で日本食ブームが広がっている関係で、日本酒に興味を持つ人も増えているが、海外の日本通にとって最大の課題は日本語のラベルが読めないこと。そこでサケノミーではアプリで日本酒のラベルを撮影すると、英語で表示される機能を実装。日本語が分からない人でも日本酒を楽しめる環境作りを模索している。

 さらに、ワインに比べると低価格が当然の日本酒のブランド化を進めるために、2013年には高木酒造と日本酒「N」を海外向けに販売。その値段は超高級ワインなみだったというから、日本酒業界からすると明らかに常識破りの手法だろう。

 中田氏の姿勢で特に興味深かったのは「サッカー選手時代と今とで自分の中では違いがない。自分が面白いと感じることに全力を注いでいるだけ」と淡々と語っていた点だ。サッカーでも世界一を目指していたように、当然日本酒でも世界一を目指している。

 シンプルに世界で勝つことを考えているかいないか。中田氏の発言を聞いていて、実は日本企業に欠けているのはその一点なのでは、と感じた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パナソニックの焙煎機で焙煎したコーヒーのイメージ

パナがコーヒー豆販売 IoT時代の家電メーカー
(藤元健太郎)

 あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の時代と言われるなか、家電業界も「スマート家電」の取り組みを広げている。ただ、まだまだスマートフォン(スマホ)をリモコンにするといった域を出ていないものも多い…続き (5/21)

ユニークなDMは話題にもなるうえ、SNSでも広がる

SNS時代に紙のDM 「飛び出る絵本」で拡散希望
(徳力基彦)

 3月、第31回全日本DM大賞の授賞式が行われた。全日本DM大賞とは、いわゆる企業が発送しているダイレクトメール(DM)の中から優れた企画を審査・表彰している企画だ。今回筆者も初めて審査委員として参加…続き (5/14)

ThredUP

出品から発送まで代行 米国発の洋服フリマアプリ
(三浦茜)

 おそらくもう着ることはないけれど、捨てるのはためらうクローゼットの洋服達。だからと言ってフリマアプリで売るのも面倒くさい。スマートフォン(スマホ)によりフリマアプリを使った不用品販売は、気軽で簡単に…続き (4/30)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月26日付

2017年5月26日付

・気になる商品、アプリで取り置き イポカが来店促進、交通インフラ企業と連携
・水素精製 実証大詰め 千代田化工、風力で水を電気分解
・ボッシュ日本法人、工場のIoT導入を倍増
・帝人、自動車向け複合材の拠点数 1.5倍に
・コニカミノルタ、X線画像の診断部鮮明に 新画像処理技術…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト