奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中田英寿氏がネット活用指南 世界見据えよ (徳力基彦)

(1/2ページ)
2016/9/30付
共有
保存
印刷
その他

 9月に開催された、日本最大規模の広告業界のイベントである「アドテック東京」。

 今年は、基調講演に登壇した元サッカー選手の中田英寿氏の問題提起が非常に印象に残ったので紹介したい。

中田氏は外国人向けの日本酒アプリなどに携わっている
画像の拡大

中田氏は外国人向けの日本酒アプリなどに携わっている

 中田氏と言えば、現在の日本人選手の海外での活躍の土台を作った日本サッカー界を代表する選手の一人だが、彼が現在力を入れている活動の一つが日本酒の世界展開だ。

 アドテックで中田氏は、日本酒や工芸品などの日本の伝統的な産業は世界的にも質の高いものが多いのに、インターネットの活用が遅れていることが多いと指摘。昔ながらの伝統産業にネットが入ることに大きな可能性がある、という問題提起がされていた。

 例えば中田氏が力を入れている活動の一つが、「Sakenomy(サケノミー)」という日本酒好きのためのアプリ。

 海外で日本食ブームが広がっている関係で、日本酒に興味を持つ人も増えているが、海外の日本通にとって最大の課題は日本語のラベルが読めないこと。そこでサケノミーではアプリで日本酒のラベルを撮影すると、英語で表示される機能を実装。日本語が分からない人でも日本酒を楽しめる環境作りを模索している。

 さらに、ワインに比べると低価格が当然の日本酒のブランド化を進めるために、2013年には高木酒造と日本酒「N」を海外向けに販売。その値段は超高級ワインなみだったというから、日本酒業界からすると明らかに常識破りの手法だろう。

 中田氏の姿勢で特に興味深かったのは「サッカー選手時代と今とで自分の中では違いがない。自分が面白いと感じることに全力を注いでいるだけ」と淡々と語っていた点だ。サッカーでも世界一を目指していたように、当然日本酒でも世界一を目指している。

 シンプルに世界で勝つことを考えているかいないか。中田氏の発言を聞いていて、実は日本企業に欠けているのはその一点なのでは、と感じた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パナソニックの冷蔵庫のCMは共働き家庭の現在をうまく映しているが…(同社のサイトから)

動画炎上を起こす4つのワナ 様々な立場へ配慮必要

 資生堂、ルミネ、ユニ・チャーム、そして最近ではサントリーなど、企業による動画の炎上が頻繁に話題になる。不思議なのは、どうしてそれが繰り返されるのかだ。
 まず、ある種、話題作りということで炎上を狙って…続き (7/23)

アマゾンフレッシュでは野菜や果物など生鮮食品を買える

通販、次の舞台は15兆円生鮮市場 日米巨人が激突

 セブン&アイ・ホールディングスアスクルが生鮮食品のネット通販で提携した。セブン&アイはオムニチャネル戦略が当初見込みよりも停滞する中で見直しを進めている。一方でアスクルは法人向け通販で成功した物流…続き (7/16)

藤井四段が先輩棋士に挑んだ「炎の七番勝負」は注目を集めた

藤井四段の生中継、SNSで拡散しアベマTV活況

 先月から藤井聡太四段の歴代最多記録を更新する29連勝がおおいに話題になった。記録自体は7月2日に佐々木勇気五段による意地の勝利でストップしたが、この過程で生まれたもう1つの記録がある。この歴史的な対…続き (7/9)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月24日(月)

  • 「Pokémon GO Fest」レポート、現地参加者に"伝説のポケモン"ルギアがプレゼント
  • いまさら聞けないセキュリティの基礎を解説、「初めてでも分かる!」シリーズ、トレンドマイクロが無償公開 
  • MS、新サーモスタット「GLAS」の動画公開―「Windows 10 IoT Core」「Corana」利用

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月24日付

2017年7月24日付

・セーフィー、小型監視カメラ 暗闇もくっきり
・早大、食物アレルゲンすぐ検出 半導体素子で電流の変化測る
・住友化学、二酸化炭素(CO2)分離膜を事業化 まず化学工場に導入
・ジャパンマリンユナイテッド、造船所ごとに役割明確に 船種を分担
・EPAで資格得たインドネシア人、医療・介護施設を紹介 人材紹介のアプリ…続き

[PR]

関連媒体サイト