奔流eビジネス

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中田英寿氏がネット活用指南 世界見据えよ (徳力基彦)

(1/2ページ)
2016/9/30付
保存
印刷
その他

 9月に開催された、日本最大規模の広告業界のイベントである「アドテック東京」。

 今年は、基調講演に登壇した元サッカー選手の中田英寿氏の問題提起が非常に印象に残ったので紹介したい。

中田氏は外国人向けの日本酒アプリなどに携わっている
画像の拡大

中田氏は外国人向けの日本酒アプリなどに携わっている

 中田氏と言えば、現在の日本人選手の海外での活躍の土台を作った日本サッカー界を代表する選手の一人だが、彼が現在力を入れている活動の一つが日本酒の世界展開だ。

 アドテックで中田氏は、日本酒や工芸品などの日本の伝統的な産業は世界的にも質の高いものが多いのに、インターネットの活用が遅れていることが多いと指摘。昔ながらの伝統産業にネットが入ることに大きな可能性がある、という問題提起がされていた。

 例えば中田氏が力を入れている活動の一つが、「Sakenomy(サケノミー)」という日本酒好きのためのアプリ。

 海外で日本食ブームが広がっている関係で、日本酒に興味を持つ人も増えているが、海外の日本通にとって最大の課題は日本語のラベルが読めないこと。そこでサケノミーではアプリで日本酒のラベルを撮影すると、英語で表示される機能を実装。日本語が分からない人でも日本酒を楽しめる環境作りを模索している。

 さらに、ワインに比べると低価格が当然の日本酒のブランド化を進めるために、2013年には高木酒造と日本酒「N」を海外向けに販売。その値段は超高級ワインなみだったというから、日本酒業界からすると明らかに常識破りの手法だろう。

 中田氏の姿勢で特に興味深かったのは「サッカー選手時代と今とで自分の中では違いがない。自分が面白いと感じることに全力を注いでいるだけ」と淡々と語っていた点だ。サッカーでも世界一を目指していたように、当然日本酒でも世界一を目指している。

 シンプルに世界で勝つことを考えているかいないか。中田氏の発言を聞いていて、実は日本企業に欠けているのはその一点なのでは、と感じた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

奔流eビジネス 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「楽天での競争に比べたら銀座での競争は何も怖くない」と澤井店長は言う

楽天市場で人気のコーヒー店 銀座で試す接客力
(村山らむね)

 インターネットショップから実店舗へ進出、という流れが止まらない。オイシックス、アットコスメストアなど有力なネットショップが百貨店や商業地の一等地へ出店している。
 今回取り上げる澤井珈琲(鳥取県境港市…続き (2/26)

HADOはARのなかで体を動かせば光線が出せる

ウルトラマンに変身、ARで「テクノスポーツ」
(藤元健太郎)

 子供の頃、自分もスペシウム光線を発射できたらと憧れた人は多いと思う。ナンジャタウン(東京・豊島)で開催中のイベントでは、子供達が拡張現実(AR)の技術を利用したアトラクションでウルトラマンに変身し、…続き (2/19)

日本コカ・コーラのスマホアプリ「コーク・オン」は自販機と連動する

ネットと本業どうつなぐ? 重要なのは顧客の視点
(徳力基彦)

 2016年はインターネット広告やネットメディアなど、ネットに関連したビジネスで様々な不正や違法行為が注目される年だった。
 では17年、我々はどういうことを意識してネット活用を考え直すべきなのか。日本…続き (2/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年2月27日付

2017年2月27日付

・トイレ空室IoTで確認 ソフトバンク
・マグナのアルミ製ドア 総合力と協業で短期間に開発
・凸版印刷 電気+ガス+灯油の料金試算システム
・独クーカ 日本の電機・電子市場でロボット本格販売
・ハーボニー偽造なぜ起きた 「安く仕入れたい」盲点…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト