新風 Silicon Valley(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

無駄をなくして幸福追求 循環経済は日本の好機
伊佐山 元(WiL共同創業者兼最高経営責任者)

2016/9/13付
共有
保存
印刷
その他

 先日、大手企業の経営者が集まる合宿に参加した。テーマは「サーキュラーエコノミー(循環経済)」。タクシー配車アプリの米ウーバーテクノロジーズや民泊サービスの米エアビーアンドビーに代表されるシェアリングエコノミーや、リサイクル・再利用の考えを踏まえたビジネスがこれからの世界を席巻するという議論が繰り広げられた。

いさやま・げん 1997年東大法卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。2003年から米大手VCのDCM本社パートナー。13年8月、ベンチャー支援組織のWiL(ウィル)を設立。

いさやま・げん 1997年東大法卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。2003年から米大手VCのDCM本社パートナー。13年8月、ベンチャー支援組織のWiL(ウィル)を設立。

 直近200年の歴史を振り返ると、経済発展と資源の利用は比例の関係にあった。国が栄えるためには、天然資源を使い、大量生産と大量消費の実現が必須であったのだ。

 一方、昨今言われているように化石燃料や水などの資源の希少性がますます高まっていくとすれば、消費をベースとした発展は限界がきているといえよう。持続可能な世界成長の仕組みを考える上で、徹底した無駄をなくす発想は今後の経済には必要なのかもしれない。

 無駄にも色々ある。資源の無駄遣いだけでなく、使われていない資産、まだ使えるのに回収されている製品などもある。実際に常時稼働している自動車は5%程度にすぎないという。いかに多くの車が使われずに駐車場に置かれたままになっているのかを象徴する数字だ。電気自動車(EV)の電池も20%程度の劣化で新しい電池に買い替えられてしまう。中古になった電池は一般家庭で蓄電池として使ったり、災害時の電源にしたりすれば、利用価値はまだあるはずだ。

 考えてみると、家の中の資産や部屋ですらも、100%稼働ということはまずない。使っていないブランド物のカバンや衣類、子供が成人して使わなくなった部屋。このような資産の空き時間や空きスペースを必要としている他人に安心して貸すことができれば、そこに利用価値とビジネスが生まれるのは自然なことだ。

 このような新しいパラダイム(枠組み)は、これまで製造業で競争力を保ち、「ものづくり日本」というイメージに誇りを持って来た日本にとっては、戦略の大きな転換を求められる事態でもある。モノを売るのではなくコト(利用価値)を提供してもうけるというのは、ものづくりで成長してきた日本の大企業にとって、簡単な話ではない。

 このような発想はぜいたくをし尽くしてきた先進国の勝手な理屈であり、資源の売買やモノを売ることで生活している新興国や発展途上国にとっては意味のない理想論でもある。サーキュラーエコノミーの仕組みも世界で一体となって導入されない限り、効果は半減する。

 この議論を突き詰めると、我々の幸せや富を国内総生産(GDP)という尺度で判断することの限界にたどり着く。GDPを成長させようとする発想や競争がある以上、モノを多く売ってもうけるという仕組みがすぐに変わるとは思えない。サーキュラーエコノミーの信奉者が掲げるような、持続可能な社会を目指すには、GDP以外の尺度で国家の健全性と幸福度を測る仕組みが必要だろう。もしかしたら、少子高齢化で国の体質変換を迫られている日本こそ、無理なGDP成長率に縛られるのではなく、新しい基準を導入し、普及させることによって、世界におけるリーダーシップをとれるようになるのかもしれない。

 日本はもともと天然資源に恵まれていないため、その効率的・効果的な利用にたけている。モノの消費にとらわれずに、その有効利用で無駄をなくし、利用者の満足度や幸福度を上げる――。そんな社会が未来にあってもよい。

[日経産業新聞2016年9月13日付]


「日経産業新聞」をタブレットやスマートフォンで

 全紙面を画面で閲覧でき、各記事は横書きのテキストでも読めます。記事の検索や保存も可能。直近30日間分の紙面が閲覧可能。電子版の有料会員の方は、月額1500円の追加料金でお読み頂けます。


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

新風 Silicon Valley(日経産業新聞)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

伊佐山元氏の「新風 Silicon Valley」

【PR】

新風 Silicon Valley(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ザッカーバーグ氏は米ハーバード大学に来賓として招かれ、卒業生らに祝辞を送った(5月25日、マサチューセッツ州)=ロイター

ロイター

ジョブズ氏、ザッカーバーグ氏…卒業スピーチに学ぶ

 米国の大学の卒業式では、ベンチャー企業の創業者が招待される。マイクロソフトを創業したビル・ゲイツ氏は自身が中退したハーバード大学で招待講演をしている。大学を辞めてアップルを創業した故スティーブ・ジョ…続き (7/14)

大企業のイノベーションを成功に導く4つのポイント

 今、シリコンバレーは夏休みの真っ最中だ。この時期はスタンフォード大学をはじめとする大学の卒業式が開かれ、多くの著名人が卒業生に発破をかけるようなスピーチをした。
 「大きなリスクを取るために、これまで…続き (7/7)

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏も退任に追い込まれたことがある

失敗は一時の恥、成功は一生の栄光

 シリコンバレーには失敗に寛容な文化があると言われる。本当にそうなのであろうか。ライドシェア最大手、ウーバーテクノロジーズの不祥事と同社の最高経営責任者(CEO)トラビス・カラニック氏の辞任を目の当た…続き (6/30)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月21日付

  • アマゾンのアプリで実店舗の決済を―「Amazon Pay Places」が始動
  • ユーザーはいつサイトを見ているのか? 「朝型サイト」「夜型サイト」行動ログ調査
  • 近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月21日付

2017年7月21日付

・ソニー、画像センサー14%増産、自撮りや車載向け需要増で
・スマホゲーム、登場キャラ前面 配信前にファン獲得
・賃貸ビルの省エネ導入、「グリーンリース契約」でオーナーにも利益
・三井金属、四輪車用の排ガス触媒を増産 中印など5カ国で
・東レ、スマート衣料で連携 心電計の共同開発など…続き

[PR]

関連媒体サイト